ラジオ・ラジカセ・オーディオの修理

コレクションの70年代と80年代のラジカセの修理の模様を主に紹介しています。
普段使用していたものや、直して使ってみたいものを修理しています。
このサイトを参考にして、ご自分で修理をして失敗しても自己責任でお願いいたします。


 ★修理専門業者ではないので、修理依頼はお受けしていません★ 
 

2017年2月18日更新

★「SONY TC-K5の修理」を追加更新しました。2016.11.30★
★「SONY TC-K5の修理」を追加しました。2017.1.24★
★「カセット用テストテープを作るPart5」に、「自己録再でのアジマスの位相を測定」を追加しました。2016.12.4★
 

ミラーカセットの自作

★テープパス調整に必要なミラーカセットを自作します。★
メーカー製のミラーカセットは大変貴重で手に入れにくいため、手軽に使用できるように、市販のカセットテープを加工して製作します。

●ゴム部品の自作●

アイドラのゴムを自作@ TPR-801のアイドラ用を、いくつかの方法で製作してみます。★

★アイドラのゴムの自作A★(実験開始)
  
★SHARP サーチャーシリーズのキャプスタン軸にある駆動ゴムの自作★(実験の準備中)
GF-202、GF-204、 GF-205、GF-303、 GF-305、GF-308、GF-505、GF-508、GF-808、GF-818、GF-828、GF-888などの共通メカに使用
3種類のゴムで実験予定、型を製作するための治具を加工中(2016.6.9)

★平ベルトと角ベルトの自作★(実験の予定)


カセット用テストテープを作るPart5
2015年11月1日作成開始、アジマス調整用テストテープ製作用デッキについて
カセット用テストテープを作るPart4
2016年6月9日作成開始、作業工程の効率化をしたテストテープ製作
カセット用テストテープを作るPart3
2015年2月25日作成開始、ヘッドとレベル調整についての実験、
コンプレッサー/リミッターのAGC動作の実験と各種テストテープの製作。
テストテープ製作作業を動画で見られます。
カセット用テストテープを作るPart2
基準信号CDを製作して、0dB基準レベル、0VU基準レベル(-4dB)、ドルビー基準レベル、テープスピード、アジマスのテストテープを製作。
テープスピード調整作業を動画で見られます。
カセット用テストテープを作るPart1
2012年11月頃作成の記事を、2015年2月24日に再編集し掲載ました。


   
ACミリボルトメーター(ミリバル)とマルチテスターの比較

カセットデッキの基準レベル測定に使用できるかテストしてみました。

マルチテスターと針式カセットデッキで簡易ミリバル

  


回路図・配線図・資料室

回路図・配線図・サービスマニュアル・サービスガイド・サービスハンドブック・サービスブック・テクニカルガイド・取扱説明書など
 

DOLBY NR IC HA11226を使用した、PIONEER SK-70の調整

ドルビーNRの調整方法の参考例
 

FMとMW(AM)ラジオの調整
シングルスーパーヘテロダインのFMとAMラジオの調整方法です。ステレオMPXの調整もあります。
 

90MHzまでの受信機で、FM補完放送受信実験
 
 

オリジナル商品

現在販売されていなくて欲しいものや、あったらいいなと思うものなど、実験研究して自作出来たものを販売します。
   
カセットデッキ・ラジカセ・カセットテープレコーダーの調整とメンテナンス
●ミラーカセット●
カセットメカのテープパス調整に使用し、テープ走行を確認するための鏡が付いています。
テストテープを使用する前に使用します。
メーカー製のミラーカセットは大変貴重で手に入れにくいため、
手軽に使用できるように市販のカセットテープを加工して製作します。
参考ページへのリンク
 「オリジナル商品とオリジナルサービス」のページへ
 
●カセットテープ用テストテープ●
カセットデッキやラジカセなど、再生レベル・アジマス・テープスピード調整などに使用します。
整備されたA&D GX-Z9100のカセットデッキを基準にして製作したテストテープです。

参考ページへのリンク
 「オリジナル商品とオリジナルサービス」のページへ
●テスト信号CD
各種調整用のテスト信号が入っています。
参考ページへのリンク
 「オリジナル商品とオリジナルサービス」のページへ
 
ビデオカメラ・PCMレコーダーなどのマイク・アクセサリー
●マイクのウインドスクリーン・ウインドジャマーの製作●
PCMレコーダー用・屋外収録用マイク・カメラマイクなどのウインドスクリーンを
自作実験をしてから製品化の予定。
現在準備中。
参考ページへのリンク
 
ウインドスクリーン・ウインドジャマーの自作

VUメーターユニット・簡易バイノーラルマイク・ゴム部品やゴム部品加工道具・スピーカースタンドなど
他にも実験製作したいものがいろいろあります。
まずは出来るものから取りかかります。

 
★オリジナルサービス★
●カセットテープ機器の調整依頼の受け付け●
カセットデッキ・ラジカセ・カセットテープレコーダー・ヘッドホンステレオカセットプレーヤーなどの、
テープスピード調整とヘッドのアジマス調整、
ヘッドやテープ走行系のクリーニング・ヘッドなどのクリーニング・接点の簡易洗浄。
調整とクリーニング費用 2,000円
アジマス調整 他機器で録音したものを再生すると音がこもるなど。
録音したテープを、他機器で再生すると音がこもるなど。
自己録音再生では正常動作でも、他機器との互換性が取れていない場合です。
アジマス調整用基準テープで再調整します。
テープスピード調整 他機器で録音したものを再生するとテープスピードが速い・遅いなど。
録音したテープを、他機器で再生するとテープスピードが速い・遅いなど。
自己録音再生では正常動作でも、他機器との互換性が取れていない場合です。
テープスピード調整用基準テープで再調整します。
注意事項 自己録音再生したテープを再生する場合は、
再調整したことにより音質やスピードが変化してしまいます。
自己録音再生テープを今まで通りの音質とスピードで再生したい場合は、
再調整をしないほうが良いです。

 

正常動作しない不具合、
劣化したゴム部品・電子部品などの交換、
接点の分解洗浄などは修理作業になります。
補修部品はないため、修理作業のご依頼はお受けできません。
ベルト交換や再生レベル調整などが必要な場合、一部の機種で出来るものもありますが別途費用がかかります。

「オリジナル商品とオリジナルサービス」のページへ

 
●FM/AMラジオの調整依頼の受け付け●
FMが90MHzまでのアナログ選局方式のラジオを、
ワイドFMが受信できるように再調整も出来る機種もあります。
調整の可能範囲は、お問い合わせください。


ニッポン放送 93.0MHzは、周波数表示全体が大幅にずれてしまうため
TBS 90.5MHzまで受信できた物を、文化放送 91.6MHzまでの調整が実用範囲です。
周波数表示板の上をダイヤル指針が動くタイプは、
93MHzまで拡大した時には周波数表示を印刷したシールを張ると使いやすくなります。


1バンド 1,000円 (蓋をあけてすぐに調整できる構造の場合)

アナログ選局ラジオのFM/AMラジオの調整のみで、故障の修理はお受け出来ません。
FM/MW/SWの3バンドまでは、資料が無くても調整箇所が分かる機種は可能かと思います。
シンセサイザー方式(ボタン選局)はバンド幅の調整はできません。

フィルムダイヤル式やBCLラジオは、調整に向かないものや出来ないものがあります。

90MHzまでの受信機で、
FM補完放送受信実験

調整方法と93MHzまで拡大する実験と、
周波数表示とのずれが確認出来ます。
FMとMW(AM)ラジオの調整
シングルスーパーヘテロダインの
FMとAMラジオの調整方法です。
ステレオMPXの調整もあります。

 「オリジナル商品とオリジナルサービス」のページへ
 

修理予定機種

TPR-801(作業開始)、RS-4250、CF-1980、RQ-552
ビデオの撮影と編集の本業が優先されるため、ほとんど作業時間がありません。

 ★修理専門業者ではないので、修理依頼はお受けしていません★ 
 
  
AIWA
CS-90X カセットメカの修理
CS-J50 カセットメカの修理とチューナーとスピーカーのメンテナンス
CS-J88 スピーカーエッジ交換
TMR-400 テープ再生にノイズが出るという修理依頼品の修理の模様
TPR-801
2014.11.18更新
スイッチ・ボリューム・入出力端子の接点分解清掃、
電解コンデンサー交換など
TPR-858 スイッチ・ボリューム・入出力端子の分解清掃、
電解コンデンサー交換、カセットメカ修理
AKAI GX-715U カセットの修理
コカ・コーラ コカ・コーラ
自販機型ラジオ
スイッチ付ボリュームの修理
HITACHI CX-CD5 カセットメカの修理
National RS-4250 FM放送の受信が出来なくなった故障の修理、
FMトラップコイルの修理、ヘッドとモーターの交換、
電解コンデンサーをオーディオ用電解コンデンサーに交換
OPTONICA
(SHARP)
CP-1510 ウーファーとスピーカーターミナルの交換とトゥイーターのセンターキャップ修理
Panasonic RX-DT70 カセットとスピーカーの修理、CDは部品が入手できないため中古品と交換
PIONEER  SK-70 DOLBY NR IC HA11226を使用した、PIONEER SK-70の調整
SHARP GF-305 カセットメカの修理
GF-808 スイッチ・ボリューム・入出力端子の分解清掃、電解コンデンサー交換、
カセットメカ修理
GF-909 カセットメカとボリュームの修理
GF-919 カセットメカの修理
GF-919
Part2
カセットメカの修理、パワースイッチの修理、ボリュームの修理、
カセットホルダーの修理、AC電源端子の修理、スピーカーの塗装、
カセットの調整、メーターの調整、チューナーの調整
SONY CF-1780 スイッチ・ボリューム・入出力端子の分解と接点清掃、
電解コンデンサー交換、劣化したトランジスターの交換
カセットの分解清掃と調整、ラジオとオーディオの調整
CF-1980U
&
CF-1980X
スイッチ、ボリューム、カセットメカ、メーターの修理と調整
CF-1980X スイッチの修理、RADIO/LINE IN切換の固着の修理、
カセットメカの修理、チューナーの調整
CF-3800 過去のCF-3800の修理
CF-3800
Part2
スイッチ・ボリューム・入出力端子の分解清掃、
電解コンデンサー交換、カセットメカ修理、チューナー修理
CF-6600
オーバーホールをして、さらにオーディオ用部品でカスタマイズします。

 
 
CFD-500 カセットの修理、テープガイドの補修
 SONY CFD-DW95(MKU) SONY CFD-DW95(MKU)のダイヤル糸かけ修理
CFS-600 ウレタンエッジが劣化したスピーカーの分解方法
CFS-686 カセットメカ、ステレオ受信不良、メーターの修理、
チューナーの調整方法、LEDの交換
CFS-686
Part2
右チャンネルの音が歪み小さくなる故障の修理、
スイッチとボリュームと各入出力端子の分解清掃、

カセットメカの修理、TUNING/BATTメーターの修理、
ダイヤル窓の取り外し方、ロッドアンテナの修理、
電源回路とパワーアンプのコンデンサー交換、カセット、
録音再生アンプ、TUNERの各部調整の仕方
CFS-V75 過去のCFS-V75の修理
ICF-5900 スイッチ・ボリューム・入出力端子の分解清掃、
電解コンデンサーとトランジスターの交換、
メーターの修理、ダイヤルライトボタンの修理、調整
 TC-K4 カセットメカの整備と調整
NEW TC-K5(現在整備中) カセットメカの整備と調整
 TC-K55 カセットメカの整備と調整
TOSHIBA RT-S98 スピーカーエッジ交換
Victor PAE-400 カセットの修理
PC-5 スピーカーユニットの取り出し方
RC-838 スピーカーエッジの破損とダイヤル糸が外れた修理依頼品の修理の模様
RC-838
Part2
チューナーの修理
RC-M60 チューナー部の修理
RC-M70 スイッチ、ボリューム、カセットメカ、チューナーの簡易メンテナンス
RC-M80 チューナー部の修理
RC-M80
Part2
チューナー部とカセット部の修理
RC-M90 スイッチとボリュームとカセットメカの修理と調整

ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ