ラジオ・ラジカセミニ博物館

SONY CFS-600の修理



修理未経験者や初級者向けの細かい工程の説明はしていません、
基礎知識があり修理経験豊富な方が修理してください。
万一修理を失敗しても、自己責任でお願いいたします。

ラジオ・ラジカセミニ博物館・資料室
SONYテープレコーダー回路図集3
CFS-600

スピーカーの修理
ウレタンエッジが劣化しています。スピーカーを取り出すための分解方法です。
 
フロントの六角ボルトの穴はダミーです。

裏側の6本のねじを外します。

開けにくい場合は、布のガムテープを貼って引っ張ります。 

吸音材が入っています。 

吸音材を取り出します。

中にある6本のねじを外します。

フロントパネルが外れます。

スピーカーユニットのねじを外して取り出します。

配線もはんだを溶かして外します。

ラジオ・ラジカセ・オーディオの修理へ