ラジオ・ラジカセミニ博物館

SHARP GF-919の修理



THE SEARCHER-W 919

修理未経験者や初級者向けの細かい工程の説明はしていません、
基礎知識があり修理経験豊富な方が修理してください。
万一修理を失敗しても、自己責任でお願いいたします。

カセット部の修理
GF-919は、GF-909との色違いで、基本的に同じです。
修理依頼品で、最初の状態は大変汚れていて右側からの音が出ませんでした。
テープ再生が出来て、右から音が出来るように修理を始めました。

カセットはGF-909の時と同じく録音側のポーズボタンのスイッチが折れていました。
さらに、再生側の同じ型のスイッチもひとつ折れていました。
今回は、そのスイッチの交換修理です。
写真は、GF-909のスイッチです。
同じ様に折れていました。

スイッチの折れたレバーの接着は難しそうです。
別の形のスイッチと交換します。


SHARP GF-909の修理へリンク
レバー付きのマイクロスイッチです。
接着剤を探しに行ったDIYのお店で見つけました。
大きさの比較です。
かなり近いサイズです。
厚みも一緒です。
交換してみます。
スイッチとガイドのネジを取り外します。
取り付けてみます。
ねじ穴の位置がちょうど良いみたいです。
ポーズボタンを押していないときに、レバーが押されている状態にします。
テスターで接点の接続具合を確認しながら、角度を調整して固定します。
ポーズボタンを押してみます。
レバーが上がります。

テスターで、接点が切り替わっているのを確認します。
配線を接続します。
次は、再生側のスイッチです。
壊れたスイッチは取り外します。
このスイッチの二つの穴はネジで留めてありません。
樹脂パーツでネジ穴の位置決めガイドが2本出ています。
参考になるように、スイッチを置いてみました。
このように樹脂のガイドがスイッチにはまっています。
マイクロスイッチをその上に重ねて見ます。
左側の樹脂のガイドは合いませんが、
うまく収まりそうです。
左側のガイドを取ります。
スイッチを置きます。
うまく収まりました。
基板とスイッチを接着剤で固定します。
基板から、リード線を接続をします。
カセットの折れたスイッチ交換後、ベルトとピンチローラーの交換と清掃。
ボディも丸洗いをしました。
ボリューム類の分解清掃。
スイッチの接点洗浄剤と接点復活剤処理。
スピーカーの色を黒く染め直しました。
うまく動作しているようです。


SHARP・GF-909の修理へ  SHARP・GF-919の修理・Part2へ  ラジオ・ラジカセ・オーディオの修理へ