ラジオ・ラジカセミニ博物館

Victor RC-M90の修理


METAL CASSETTER RC-M90

修理未経験者や初級者向けの細かい工程の説明はしていません、
基礎知識があり修理経験豊富な方が修理してください。
万一修理を失敗しても、自己責任でお願いいたします。

もう一台別のRC-M90の修理を追加しました。 2007.5.1

スイッチとボリュームとカセットメカの修理

修理依頼品です。音量調節とバランスのボリュームが故障していました。
あとはFMステレオ受信しません。その他は接触不良があります。

裏ブタを開けます。
かなり隙間があります。
いつもどおり、フレームごと取り出します。
パワーアンプのある基板です。
まずこれを取り出します。
これは取り出しやすいです。
裏側です。
裏にもいくつか部品がついています。
左がバランスのボリューム
右が音量のボリューム
音量のボリュームを取り外します。
分解します。
接点が外れていたのと、
かなり汚れています。
接点洗浄剤とアルコールで磨きます。
取れた接点を接着剤で貼り付けます。
写真は少し曲がっていますが、
後で貼りなおしています。
この後は接点復活剤を塗って組み立てます。
今回は接点復活剤ではなく、
接点改質剤 SETTEN No.1を使用します。
次は、バランスボリュームです。
これもかなり汚れています。
TREBLEのボリュームです。
BASSのボリュームも同じです。
STEREO-MONO切換スイッチを
取り外します。
分解します。
かなり汚れています。
接点洗浄剤とアルコールで磨きます。
軽く目の細かいやすりもかけます。
接点改質剤 SETTEN No.1を塗って
組み立てます。
LOUDNESSスイッチも分解清掃します。
LINE-PHONO切換スイッチも分解清掃します。
DCジャックも分解清掃します。
外部スピーカー端子も分解清掃します。
LINE/PHONO端子も磨きます。
パワーアンプのある基板の下には
シールド板があります。
シールド板を取り外します。
プリアンプ基板です。
プリアンプ基板とカセットメカは
つながっているので一緒に取り出します。
プリアンプ基板の裏側です。
裏のシールド板もハンダを取って
取り外します。
配線の参考用に拡大します。
配線の参考用に拡大します。
配線の参考用に拡大します。
配線の参考用に拡大します。
配線の参考用に拡大します。
FUNCTIONスイッチを分解します。
このスイッチは接触不良になりやすいです。
右がレバー側になります。
こちら側は同じ形の接点です。
向きを確認しておきます。
反対側です。
左がレバー側になります。
左から2番目の接点だけが形が違います。
後で間違えないように
取り出して並べておきます。
これも磨いておきます。
奇麗に磨きます。
録音ボリュームです。
真っ黒。
磨きました。
ワイヤレスマイクのミキシングボリュームです。
スイッチ付です。
左側下がスイッチです。
ワイヤードのミキシングマイクの
ボリュームも同じです。
各接点を磨きます。
ワイヤードのミキシングマイクのボリューム。
分解清掃します。
テープセレクターです。
全部大きい接点ですべて同じ形です。
分解清掃します。
BEAT CUTスイッチも分解清掃します。
LINE OUT端子も磨きます。
AUTO-MANUAL切換とANRS切換です。
ガムテープを剥がします。
コンデンサーとトランジスターと抵抗が
空中配線になっています。
このままではスイッチが取り出せないので、
抵抗の先のはんだを取って部品をどかします。
録音のAUTO-MANUAL切換スイッチです。
分解清掃します。
ノイズリダクションのANRS切換スイッチです。
分解清掃します。
新しいガムテープを貼って元に戻します。
プリアンプ基板は終わりました。
カセットメカの修理です。
裏側のロジックコントロール基板を外します。
ロジックコントロール基板です。
録音誤消去防止のスイッチ基板を外します。
録音誤消去防止のスイッチ基板を
横から見ます。
まず金属フレームの3つのネジを外します。
次に基板を固定しているネジを外します。
写真で見ると上のスイッチが
録音誤消去防止のスイッチです。
下がカセットを装着確認のスイッチです。
基板の裏です。
はんだを取ってからスイッチを取り出します。
テープ装着確認のスイッチです。
2個とも同じ形のスイッチです。
分解清掃します。
バネが入っているのでバラバラになって
無くさないように。
分解清掃後に組み立てます。
基板の下の鉄板も外します。
外すとフライホイールが見えます。
外したゴムベルトです。
まだ使えそうですが交換しておきます。
キャプスタンの樹脂製の輪を外します。
フライホイールを外します。
フライホイールです。
バネや樹脂製の輪がキャプスタン軸に
刺さっています。
無くさないように。
プランジャー(ソレノイド)を取り外します。
樹脂パーツとのかみ合わせを
よく確認してください。
黒いギアのついた鉄板も取り外します。
黒いギアの裏側です。
古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
別のRC-M90の修理
故障症状は、再生時に一時停止ボタンを押すと
緑色のLEDが点灯しません。
録音ボタンと一時停止ボタンを一緒に押した場合は
赤と緑のLEDが点灯します。
自動選曲を作動させると、
キュー・レビューになります。


原因はロジック回路ではなく、ヘッドブロックが上がったときに
固定する部分のグリスの固着でした。

そのため一時停止や自動選曲などを作動させると
ヘッドブロックがストップ状態と同じように完全に下がって
しまい動作しません。
写真はヘッドが下がっている状態です。
写真は、ヘッドが上がった状態です。
リーフスイッチの上の樹脂パーツが動いて
ヘッドが下がらないように固定します。
この樹脂パーツの動きが固くなっていました。
分解して古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
分解します。
写真は、スライドする樹脂パーツなど外してあります。
バネのかけ方と、組み合わせ方を忘れないように
チェックしておきます。
Eリングを外して、樹脂パーツを取り出します。
軸と樹脂パーツの古いグリスをアルコールで拭き取ります。
さらにもうひとつ下に、樹脂パーツが刺さっています。
これも取り外して古いグリスを拭取ります。
他の樹脂パーツも分解します。
写真は分解途中です。

古いグリスを拭取ったら、新しいグリスを塗り組み立てます。

この部分だけでなく、ヘッドブロックなどすべてのグリスが
劣化していました。
他の部分も分解して、グリスを新しくしました。

組み上げ後は、正常に動作するようになりました。
元に戻すときは樹脂パーツの組み合わせを
よく確認してください。
次に黒いギアを取り外します。
古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
黒いギアの裏側です。
古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
リール駆動用モーター部分の取り外しです。
レバーのかみ合わせを確認しておきます。
モーターを取り外します。
モーター下の鉄板を外します。
リール駆動メカが付いています。
メカを分解して古いグリスを拭取り、
新しいグリスを塗ります。
ゴムのアイドラーをラバークリーナーで
拭きます。
目の細かいやすりでグリップが良くなるように
軽く磨きます。
ラバークリーナーで奇麗に拭取ります。
アイドラーの接触する、樹脂パーツも磨きます。
組み立てて元に戻します。
フライホイール駆動用モーターの
プーリも奇麗に拭きます。
フライホイール、プランジャー、モーターを
取り付け、新しいゴムベルトをかけます。
元通りに組み立てます。
キャプスタン軸に樹脂の輪を取り付けます。
カセットメカの表面です。
アルミパネルを取り外します。
外すとヘッドブロックが見えます。
カウンターのベルトを外します。
ピンチローラーを外します。
バネのかけ方を確認。
ネジを外してヘッドブロックを外します。
バネが掛かってこのままでは外せません。
バネです。
このままでは外しにくいので
そばの部品を外します。
カセットメカの底の右側にある
このパーツのネジを外します。
バネを外します。
この後は、ヘッドブロックのバネが
取りやすくなります。
ヘッドブロックの裏側です。
この樹脂パーツに掛けてあるバネを外します。
樹脂パーツを取り外します。
古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
元通り組み立てます。
右側リール上の樹脂パーツも、
古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
カセットメカ右側の樹脂パーツです。
古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
リール台のブレーキを取り外します。
ブレーキゴムをラバークリーナーで拭きます。
古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗ります。
元通り組み立てます。
ブレーキの左側にある、リーフスイッチの接点を磨きます。接点復活剤や接点改質剤を塗っておきます。
カウンターのベルトです。
左が古いベルトです。
右が少し太いですが新しいベルトです。
ヘッドブロックの古いグリスを拭取り、新しいグリスを塗り元通り組み立てます。
カウンターのベルトを掛けます。
カウンターにオートストップ動作検出用の
ホール素子があります。
カウンターが回らないとオートストップします。
ヘッドを磨きます。
これは消去ヘッドを交換しないと
だめかもしれません。
腐食しているのか、
傷のような物が取れません。
テープを傷つけそうです。
研磨剤で磨いても落ちません。
困りました。
保守用のRC-M70の消去ヘッドと取り替えます。
手前がRC-M90の消去ヘッドです。
カセットメカ裏の基板のコネクタの
はんだが少ないようなので、
ハンダを盛りなおします。
チューナー基板のスイッチを修理します。
ダイヤル指針をスケールの0の
位置にしておきます。
ダイヤルスケールについているLED基板から
チューナー基板へつながっている
赤と黒の配線をコネクターから引き抜きます。
コネクターではなく直接はんだ付けされている
基板もあります。
その時はこのLEDの基板も外します。
チューナー基板を取り外します。
手前の紫色のネジ2個を外すと取れます。
基板を外しました。
位置を確認しておきましょう。
ハンダを取って、スイッチを取り出します。
金属フレームから取り出したAFCスイッチです。
分解清掃します。
接点洗浄剤とアルコールで磨きます。
軽く目の細かいやすりもかけます。
接点改質剤 SETTEN No.1を塗って
組み立てます。
FM/AMバンド切換スイッチも分解清掃します。
ミューティングスイッチも分解清掃します。
1円玉と比べるとこんなに小さいです。
接点が小さいので磨くのが大変です。
元通り組み立てて、チューナー基板に
ハンダ付けをします。

一旦、仮組みをしてテストします。
フロントパネルについているパーツの分解に
取り掛かります。
配線の確認をします。
左スピーカーのツィーター付近です。
右スピーカーのツィーター付近です。
左スピーカーのウーハー付近です。
右スピーカーのウーハー付近です。
中央部の下付近です。
中央部の上付近です。
カセット操作ボタンを外します。
カセット操作ボタンの裏側です。
分解して接点を磨きます。
タクトスイッチを使用していません。
赤外線リモコンと同じ接点です。
ゴムの裏に導電性の物が塗ってあり、
押すことによって基板に接触して
接点がつながります。
使い込むとゴムの裏側の導電性のものが
はげて使えなくなります。
使い込んだリモコンが使えなくなる
ボタンがあったりするのはこのためです。
ミキシングマイク端子とリモート端子の
基板を外します。
リモート端子は、このまま接点を磨きます。
裏側です。
ミキシングマイク1の端子です。
足の数が4本です。
ミキシングマイク1の端子を分解清掃します。
ミキシングマイク2の端子です。
足の数が3本です。
ミキシングマイク2の端子を分解清掃します。
電源スイッチです。
裏側です。
分解します。
このタイプのスイッチはこれ以上分解できません。
この状態で中を磨きます
タイマースタンバイスイッチと
自動選曲スイッチです。
裏側です。
基板からスイッチを取り外します。
分解清掃します。
フロントパネルを丸洗いしたいので、
水に濡れるといけないパーツを外します。
フロントパネルの表のパーツも外します。
スピーカーネットは接着されているので
そのままにします。
取り外したメッキパーツを磨きます。
スピーカーはヘッドホン端子と
配線を一緒に外しました。
写真の左右のスピーカーは、
向かい合わせて結束バンドでとめています。
ツイーターです。
コーン紙のフチは日焼けしていないので、
青い色が残っています。
埃を取りますが、こすりすぎるとコーン紙や
メッキが削れるので軽く拭きます。
ウーハーです。
薄く青い色が残っています。
軽く埃を拭取ります。
マイクユニットを外します。
カセットホルダーもシールが貼ってあるので
外しました。
透明のアクリルパネルは下にスライドさせると
外れます。
このように外せば、奇麗に拭くことが出来ます。
ヘッドホン端子を分解清掃します。
基板からヘッドホン端子を外します。
透明の裏ブタを外します。
バネを無くさないように。
左側の部品から外します。
中心にあるパーツから先に引き抜きます。
順番を間違えると壊しますので注意してください。
接点としての接触部分を磨き、
接点改質剤を塗ります。
その後組み立てます。
バックパネルも丸洗いするので、
濡れてはいけないパーツを外します。
ロッドアンテナ、電池ボックス、電源を外します。
写真は、左側の電池ボックスを外してあります。
バックパネルに付いている電池ボックスの、
スプリングと金属板を磨きます。
外した電池ボックスの
スプリングと金属棒の接点も磨きます。
AC整流回路基板の裏側です。
はんだを盛って補修しておきます。
AC入力端子も外して、
分解清掃します。
ACコードを挿さないときに接触する
切換スイッチですので、
接点を磨き接点改質剤を塗ります。
ACコードの差込端子も磨きます。
ロッドアンテナも外して、
接点バネを磨きます。
接点改質剤や接点グリスを塗っておくと良いです。
外部アンテナ端子も磨きます。
ロッドアンテナも磨きます。
3月31日に修理品を仮組みして、
4台で試聴会をしました。
基本的にどれも音は良いですが、
曲、声質、楽器によって違いが出ます。
今までの鳴らしこみや、
整備状態でかなり変わるようです。
この位のレベルになると、好みの世界です。
バックパネルの右側のアンテナの根元が
割れていますので補修します。
バックパネルの左側のアンテナの根元も
割れていますので補修します。
割れ目は接着できないので、
プラリペアで上から補修。
色の無い「クリア」を使用しています。
割れ目は接着できないので、
プラリペアで上から補修。
裏ブタ取り付けネジ穴の一部分が破損。
裏ブタ取り付けネジ穴の本来の形。
裏ブタ取り付けネジ穴の本来の形から、
型取くんで型を取ります。
プラリペアはすぐ固まりますが、
一晩置いたほうがさらに固まります。
では、一晩待ちます。
型取くんを外しました。
あまり奇麗ではないですが、
同じ形にはなったようです。
磨いてネジ穴をあけておきます。
フロントパネルにもネジ穴の破損があります。
CRC556のような潤滑剤をネジに塗ります。
そのネジを差したまま、プラリペアで
固めてタップも一度に作ります。
固まったら、ネジを抜き取ります。
このネジ穴もひび割れていましたので、
プラリペアで補修します。
左側がプラリペアのミニセットです。
真中の二つが大瓶です。
右側が型取くんです。
チューナーの調整に使用する、
信号発生器です。
0.1〜150MHzまでの電波を発生できます。
出力も0〜99dBまで連続可変できます。
AM変調と、FM変調、FMステレオ変調が
かけられます。
これを使用してラジオの受信周波数と
感度の調整をします。

AM/FMの受信周波数と感度調整をします。
IFも調整しますが写真には全部写っていません。
信号発生器を持っていない場合は、
OSCを回して、放送局とダイヤルの周波数の
周波数を合わせればよいでしょう。
他は回さ無くても大体合えば使えます。

ステレオランプがつかない場合は、
FM 19kHZパイロット調整用の半固定抵抗を
少しづつ回します。
FMセパレーションは、信号発生器が無いと
調整はうまく出来ません。
こちらは、オーディオ信号の信号発生器と
ミリボルトメーターが一緒になったものです。

まず、カセットホルダーのアクリルパネルを
外します。
カセットテープの録音再生ヘッドの
角度を調整します。
アジマス調整といいます。
アジマス校正用テープを再生して、
ネジを回して最大出力になるように調整します。
校正用のテープを使用しないで、
自分で音楽を録音したテープでは
正しくあわすことは出来ません。
調整後は、ネジが緩まないように
ペイントロックを塗っておきます。
テープスピード調整です。
規準テープを再生して、
周波数カウンターで調整します。
周波数カウンターを使用しないで調整するには、
楽器の調律のように、規準周波数の録音された
テープを再生して、別機器から規準音を再生して
同じ音になるように調整します。

写真はプリアンプ基板を外した状態です。
テープの録音再生レベルの調整と、バイアス調整の半固定ボリュームがあります。

プリアンプ基板を取り付けた状態です。
再生レベルと録音レベルのひとつは、プリアンプ基板の穴から調整できます
今回は、再生レベルのバランス調整と、ノーマルテープのバイアス調整をしました。
調整が終わり修理完了です。
他のRC-M90と比較しました。
未修理状態の時は、他より少し音が悪かった
ですが、修理後は他より一枚ベールが
はがれたように澄み切った音になりました。
高域の伸びや繊細さが加わります。
カセットの操作ボタンも軽く触れるだけで
機敏に動作します。
部品の交換をしなくても、見違える音になりました。


ラジオ・ラジカセ・オーディオの修理へ