ZOOM F6 MultiTrack Field Recorder
2021年1月8日作成開始 2021年1月17日更新

2019年9月発売、2021年1月8日購入
レビューを、少しづつ更新していきます。

開封
2021年1月8日
気になっていた、フィールドレコーダーの
ZOOM F6を購入しました。
持ち込み素材のWAVファイル化作業をしていると、
オーバーレベルで再調整を何度もするので、
32bitフロート録音を使いたくなりました。
購入を決心してすぐ注文。
F6専用プロテクティブケース(PCF-6)と
ACアダプタ(AD-17)も同時に購入。

本体は大変コンパクトですが、厳重なパッケージです。

取扱説明書はクイックガイドだけです。

底面の電池カバーのネジを緩めて、
電池カバーを開け電池ケースを取り出します。
ニッケル水素蓄電池の使用では長持ちします。

付属の単三乾電池4本を電池ケースに取り付けます。
単三乾電池と、ニッケル水素蓄電池と、
リチウム乾電池が使えます。

後ろ側にSDカードスロットがあります。

SD、SDHC、SDXCカードが使用できます。

SONYのLバッテリーが取り付けられます。

Lバッテリーを取り付けました。

Lバッテリーは長時間使用するには良いです。

付属の電池を入れて、初期設定をしました。

SDカードを初期化した後、
SDカードの性能テストもしてみました。
次は、録音テストをしてみたいと思います。
録音テストの1回目
2021年1月10日
新しいレコーダーとウインドジャマーのテストです。
比較用にワンポイントステレオマイク2本で録音します。
録音トラックが6チャンネルあると便利です。
1と2のトラックはBP4025でファンタム電源を使用。
5と6のトラックはAT9943で乾電池駆動です。
BP4025はライコートのウインドシールドと
ウインドジャマーを装着。
AT9943は付属のウインドジャマーを装着。
マイクのユニット角度は120度に設定。
まずは室内でテスト録音。
レベルメーターの動作とモニター音の確認。
32bitフロート、サンプリング周波数48kHzに設定。
1と2、3と4、5と6をステレオトラックとして設定。
1と2トラックは1のツマミだけで調整。
5と6のトラックは5のツマミだけで調整。
録音スタンバイ時はツマミはトリム調整になります。
32bitフロート録音は、ツマミを絞っていてメーターが
振れていなくても録音されています。
ただそれではメーターが振れないので、
メーターが適度に触れるように調整しています。
テスト録音を再生。
録音を停止した後、再生ボタンを押すと
いま録音停止したファイルを再生します。
ツマミで1と2トラックと5と6トラックをミックスして
再生できますが、トラックを選んでからの再生方法が
うまく操作できません。
操作方法をまだ覚えていませんので、
しばらく慣れが必要です。
なんとなく操作方法が分かってきたので、
屋外でテスト録音をしてみます。
自宅前の道路で録音。
屋外なのでディスプレイを
アウトドアモードにします。
液晶画面が白バックになり見やすくなります。
液晶画面のバックライトが常時明るくなるように
省エネモードも解除します。
レベルメーターが振れるように調整をしました。
ヘッドホンでモニターをしながら録音開始。
室内に戻り、再生して確認。
ディスプレイはアウトドアモードのままです。
次は、いつもの場所で録音します。

BP4025での録音
210110_002_1_2_BP4025.wav へのリンク
AT9943での録音
210110_002_5_6_AT9943.wav へのリンク
BP4025での録音
210110_003_1_2_BP4025.wav へのリンク
AT9943での録音
210110_003_5_6_AT9943.wav へのリンク

下線付き文字をクリックすると、音声を再生します。
32bitフロート、サンプリング周波数48kHz。

「清瀬立体の上の西武線の走行音」
2021年1月10日

清瀬駅のそばです。

夕方です。

録音レベルも調整しません。

30000系が右側から通過。

ラビューが左側から通過。
BP4025での録音
210110_004_1_2_BP4025.wav へのリンク
AT9943での録音
210110_004_5_6_AT9943.wav へのリンク

下線付き文字をクリックすると、音声を再生します。
32bitフロート、サンプリング周波数48kHz。
清瀬松山緑地保全地域(清瀬高校の隣)で録音
2021年1月10日

清瀬高校のグランドのすぐ横です。

録音レベル設定もそのままです。

夕方ですが野鳥がにぎやかです。
BP4025での録音
210110_005_1_2_BP4025.wav へのリンク
AT9943での録音
210110_005_5_6_AT9943.wav へのリンク

下線付き文字をクリックすると、音声を再生します。
32bitフロート、サンプリング周波数48kHz。
SOUND FORGE Pro13.0で再生 Part1
2021年1月10日

ファイルを読み込むと6トラック表示されます。
3と4のトラックにも音が入っています。

1と2のトラックをコピーして新規に貼り付けに
してみました。
SOUND FORGE Pro13.0で再生 Part2
2021年1月11日

前日の録音テストでは、ファイルフォーマットが
1つのファイルにまとめたポリフォニックでした。

ポリフォニックは、複数トラックの音声が1つのファイルに
記録されます。

モノ/ステレオでは、モノラルファイルや
ステレオファイルがトラック単位で個別に作成されます。

1と2にマイクのファンタム電源ありでBP4025を接続。
3と4にマイクのファンタム電源なしでAT9943を接続。

5と6にLINE入力でCDの音声出力を接続

5と6に接続した変換プラグです。

6チャンネルを使用した、
3つのステレオトラックで録音します。

32bitフロートでサンプリング周波数48kHzに設定。
3つのトラックの録音レベルをメーターが振れるように調整。

テスト録音開始。

F6をパソコンに接続してフォルダを確認。

210111_001.TAKEフォルダを開きました。
 

SOUND FORGE Pro13.0で4つのファイルを開きました。
ステレオトラックが4つあります。
210111_001_TrL_Rファイルは、3つのトラックがミックス
された音声ファイルでした。
ファームウェアアップデート
2021年1月17日
ファームウェアがVer1.30だったので、
最新のVer1.60にアップデートしました。
2020年10月にVer1.60が出ました。
ホームページからダウンロードをします。
カメラマウントアダプター
2021年1月17日

カメラマウントアダプターが付属しています。

上面に取り付けてカメラを載せます。
マイクホルダーを取り付けてみました。
振動が伝わるのでショックマウントの
マイクホルダーを使用したほうが良さそうです。
ショックマウントを取り付けてみました。
ウインドジャマーを取り付けているので
重心がいつもより前になります。
F6専用プロテクティブケース(PCF-6)
2021年1月17日

本体のケースとワイヤレスのレシーバーなどのケースと
ベルトのセット。

厚みや奥行きが増えても入れらられるように
ゴムバンドが使用されています。

オーディオ実験研究室のトップページへ  ナマロク・生録・フィールドレコーディングのトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ  ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ