ビデオカメラとICレコーダーとの音がずれる
2021年2月7日作成 2021年2月20日更新



ビデオカメラとリニアPCMレコーダーで音のずれを実験
2021年2月7日 2021年2月13日更新
SONY NXCAMカムコーダー HXR-NX5J
家庭用のビデオカメラと同じAVCHDで
録画できます。
タイムコードのイン/アウトがあります。
SONY NXCAMカムコーダー HXR-NX3
家庭用のビデオカメラと同じAVCHDで
録画できます。
SONY リニアPCMレコーダー PCM-D10
ICレコーダーと同じMP3とPCMで
録音ができます。
リニアPCM(WAV)形式で録音したファイルは、
BWF(Broadcast Wave Format)に対応し、
録音開始日時が記録されたファイルになります。
ZOOM F6 MultiTrack Field Recorder
ICレコーダーと同じMP3とPCMで録音できます。
映像機器とずれない機能を搭載しています。
リニアPCM(WAV)形式で録音したファイルは、
BWF(Broadcast Wave Format)に対応し、
録音開始日時が記録されたファイルになります。
SONY リニアPCMレコーダー PCM-D100
ICレコーダーと同じMP3とPCMで録音できます。
さらにDSDでも録音できます。
リニアPCM(WAV)は、一般的なパソコンで
再生できるファイル形式(.wav)でデータが
作成されます。
再生する音源は、marantz PMD670を使用。
ビデオカメラとPCMレコーダーに再生音を入力。
カメラとPCMレコーダーを録音録画スタートを
してから、音源を再生しました。

SONY NXCAMカムコーダー HXR-NX5J
映像 1080/60i AVCHD
音声 リニアPCM 48kHz 16bit


PCM-D10
録音モード リニアPCM 48kHz 24bit

PCM-D100
録音モード リニアPCM 48kHz 24bit

F6
録音モード 48kHz 32bit Float
ビデオカメラとリニアPCMレコーダーで音のずれを実験 1 (29.97DF)
2021年2月7日、2021年2月12日更新
ビデオ編集ソフトに取り込んで、
映像と音声の頭を合わせます。
最初の1kHz信号の頭を合わせます。

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
 
約13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間4分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
1回目のテストはここまで。
ビデオカメラの音と別撮りの音がずれてくると、実際の音楽では時間とともにディレイがかかったようになります。
以前からDATなどではずれるのはわかっていたので、音を別録りでする場合はビデオカメラを使用しました。
映像機器同士ではほぼずれません。
今回の実験で使用したリニアPCMレコーダーは、あまりずれないようです。
ビデオカメラとリニアPCMレコーダーで音のずれを実験 2 (29.97DF)
2021年2月8日、2021年2月12日更新
1回目と同じ設定です。
ビデオ編集ソフトに取り込んで、
映像と音声の頭を合わせます。
最初の1kHz信号の頭を合わせます。

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間4分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間59分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
ビデオカメラとリニアPCMレコーダーで音のずれを実験 3 (29.97NDF)
2021年2月8日、2021年2月12日更新
ビデオ編集ソフトに取り込んで、
映像と音声の頭を合わせます。
最初の1kHz信号の頭を合わせます。

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約1時間4分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約1時間13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約1時間32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約1時間46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約1時間59分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
ビデオカメラとリニアPCMレコーダーで音のずれを実験 3 (F6のみ 30DF)
2021年2月8日、2021年2月12日更新
ビデオ編集ソフトに取り込んで、
映像と音声の頭を合わせます。
最初の1kHz信号の頭を合わせます。

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間4分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
約1時間59分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D10

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
F6は30フレームで
タイムコードはドロップフレーム。
ビデオカメラとリニアPCMレコーダーで音のずれを実験 4 (29.97NDF)
F6のTIME CODE INに入力
2021年2月8日、2021年2月12日更新
リニアPCMレコーダーをPCM-D100に変更。
ビデオカメラのTIME CODE OUT出力を
F6のTIME CODE IN に接続。
ZOOM F6には、
TIME CODE IN/OUT端子があります。
外部機器とタイムコードの接続ができます。
TIME CODE IN を使用。
ステレオミニプラグの先端、
左チャンネルが入力。
右チャンネルが出力になります。
ビデオカメラのTIME CODEにシンクロさせます。
ビデオ編集ソフトに取り込んで、
映像と音声の頭を合わせます。
最初の1kHz信号の頭を合わせます。

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間4分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間13分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間32分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
約1時間46分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間59分の位置

上側が、ビデオカメラ
中央が、F6
下側が、PCM-D100

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
F6のTIME CODE IN を使用すると、ビデオカメラとのずれはなくなります。
PCM-D100の音ずれも、ほとんどありませんでした。
ビデオカメラ NX5JとNX3、リニアPCMレコーダーで音のずれを実験 4 (29.97NDF)
F6のTIME CODE INに入力
2021年2月20日

ビデオカメラは、HXR-NX5J(左)とHXR-NX3(右)。
TIME CODEをFREE RUNに設定します。

SONY NXCAMカムコーダー HXR-NX5J
映像 1080/60i AVCHD
音声 リニアPCM 48kHz 16bit


SONY NXCAMカムコーダー HXR-NX3
映像 1080/60i AVCHD
音声 リニアPCM 48kHz 16bit


F6
録音モード 48kHz 32bit Float
ビデオ編集ソフトに取り込んで、
映像と音声の頭を合わせます。
最初の1kHz信号の頭を合わせます。

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約13分の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約32分の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約46分の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間14分の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間33分の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約1時間46分の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
約2時間の位置

上側が、ビデオカメラ HXR-NX3
中央が、ビデオカメラ HXR-NX5J
下側が、F6

カメラの映像は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
F6は29.97フレームで
タイムコードはノンドロップフレーム。
TIME CODE IN を使用。
ビデオカメラのHXR-NX5JからHXR-NX3へは、タイムコードを接続できません。
タイムコードのフリーランを2台同時にスタートさせましたが、わずかにずれます。
HXR-MX5JとHXR-NX3は、最後の方に行くにしたかってわずかにずれています。
HXR-NX5JとF6の音ずれは、ほとんどありませんでした。

オーディオ実験研究室のトップページへ  ナマロク・生録・フィールドレコーディングのトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ  ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ