ソニー・シミュレーションヘッド DH-5
人の頭を抽象化したタミーヘッドのバイノーラルマイク

2020年10月16日作成開始 2020年10月23日更新

カタログや資料


初歩のラジオ(1977年4月号)から



Recorder's Bible 季刊テープサウンド特別増刊 レコーダーズ・バイブル 1977年7月15日発行より

SONY テープデッキ総合カタログ(1977年6月)より

SONY マイクロホン総合カタログ(1979年4月)より

SONY オーディオ商品のしおりD(1977年4月)より
ソニー・シミュレーションヘッド DH-5に取り付けられるSONYのマイク

SONY マイクロホン総合カタログ(1979年4月)より

SONY マイクロホン総合カタログ(1979年4月)より

SONY マイクロホン総合カタログ(1979年4月)より

SONY マイクロホン総合カタログ(1979年4月)より
ソニー・シミュレーションヘッド DH-5

付属のショルダーベルト付きの収納ケース。

付属のウインド・スクリーンはありません。

円形の大きさは直径25cm。

奥行き21.7cm。

取り付けネジ1/2 (BTS) 14山、1/4 (カメラ)カメラ三脚用。

照明用スタンドに取り付けた状態。

左側面。

背面。

背面の銘板。

正面のロゴ。

無指向性のピンマイクを取り付けるマイクホルダー。

マイクの直径が、最小 8mmから取り付け可能。

マイクの直径が、最大 14mmまで取り付け可能。

ピンマイクのケーブルを通すフック。
SONY製マイク以外の取り付け

三研マイクロホン(株)の COS-11を使用します。

直径 4mmなので、6.5cmほどのビニールテープを巻きます。

金属風防を取り付けた状態。

ビニールテープを巻かないと緩い。

クッション性のある滑り止めがあります。

ビニールテープを巻くと固定できます。

マイクホルダーで固定できる太さになりました。

ピンマイクのケーブルをフックに通します。
所沢市 滝の城址公園運動場入口付近の武蔵野線高架下そばで録音
2020年10月16日

2014年のバイノーラルマイクのテスト録音と同じ場所です。
バイノーラル録音・バイノーラルマイクのリンクへ

所沢市 滝の城址公園運動場入口付近の
武蔵野線高架下そば

三研マイクロホン(株)の COS-11を使用します。

屋外なので金属風防を取り付けています。

レコーダーは、SONY PCM-D10の
リニアPCM/96kHz/24bitで録音。

ファンタム電源を使用しています。
充電池の容量がなくなってきました。

ネコが水を飲んでる音は、201016_1213.wav へのリンク
201016_1202.wav へのリンク
201016_1206.wav へのリンク
201016_1210.wav へのリンク
201016_1211.wav へのリンク
201016_1213.wav へのリンク
201016_1216.wav へのリンク
201016_1217.wav へのリンク

下線付き文字をクリックすると
音声を再生します。
ヘッドホンで聴くと
バイノーラル効果が得られます。
自宅前のT字路の角に、マイクを立てて録音しています。
2014年のバイノーラルマイクのテスト録音と同じ場所です。
バイノーラル録音・バイノーラルマイクのリンクへ
201016_1314.wav へのリンク
201016_1322.wav へのリンク
201016_1324.wav へのリンク

下線付き文字をクリックすると
音声を再生します。
ヘッドホンで聴くと
バイノーラル効果が得られます。

オーディオ実験研究室のトップページへ  ナマロク・生録・フィールドレコーディングのトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ  ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ