Panasonic
ポータブルステレオCDシステム
RX-D70BT


2019年4月23日作成開始  2020年8月9日更新



 

Panasonic ポータブルステレオCDシステム RX-D70BTのレビュー
使用して気になる点なども書き込みたいと思います。
時間があまり取れないので、更新は少しづつになります。

2019年4月23日購入 開封

2019年4月19日発売。
19日に取扱説明書のダウンロードができ、
詳しいことが分かったあと家電量販店で実機も見れました。

家電量販店では音は聴けませんでしたが、
実機を見て購入することを決定。
これには欲しい機能がほぼありました。

意外とコンパクトで直線的デザインが気に入りました。

本体に装備された、テンキーが決め手です。

少し上向きなので、スピーカーの音も届きやすそうです。

スピーカーボックスは空間があります。

後面の左右にバスレフダクトがあります。

別売りの単一乾電池6本で電池駆動できます。

底面はゴム足がついています。
 

市販の音楽CD(CD-DA)、CD-R/CD-RW(CD-DA)、
CD-R/CD-RW(MP3)が再生できます。
各部の名前と働き
●電源●
電源を入/切する。
・電源「切」(スタンバイ)状態でも、
電源は完全に切れません。
時計表示があり、電力を消費しています。
●スリープ●
スリープタイマーに設定した時間(分)が経過すると、
自動的に再生を停止し電源が切れます。
・押すたびに、「OFF」(タイマー切)→「30分」→「60分」→
 「90分」→「120分」→「OFF」。
 スリープタイマーを設定すると表示部に
「SLEEPむ」が表示されます。
・スリープタイマー設定中に「スリープ」を押すと、
 残り時間を表示します。
●タイムスキップ −3秒/+10秒●
再生位置を3秒戻す、10秒進める。
●A-B/日付検索●
A-Bリピート機能を利用する。
日付で検索する。
●消去●
録音した音楽を消去する。
●学習モード/再生モード●
リピーティングを利用する。
シャドーイングを利用する。
再生モードを変更する。
●表示切換●
表示を切り換える。
●録音/−1.5倍速●
CDやラジオなどの音楽を録音する。
●フォルダ/再生スピード−/+●
アルバムやフォルダを選択する。
再生スピードを変更する。
●音量−、音量+●
音量を調節する。
●表示部●
・お買い上げ時は、「音質設定」が「音楽」に
 設定されているため、「EQ」が表示されています。
●数字ボタン「1」〜「0/10」●
トラックや放送局を選択する。
・「0」を入力するときや、ラジオのプリセット10番
 を選ぶときは、「0/10」を押します。
●「CD」、「FM/AM」、「Bluetooth」、「USB/AUX」●
音源を切り換える。
●「≧10」●
数字入力時に、十の位や百の位を入力する。
●「■」など●
再生時の基本動作。
●メニュー●
メニューを表示する。
リモコン
●電源●
電源を入/切する。
●「CD/ラジオ」、「Bluetooth」、「USB/AUX」●
音源を切り換える。
●「■」など●
再生時の基本動作。
●メニュー●
メニューを表示する。
●A-B●
A-Bリピート機能を利用する。
●日付検索●
日付で検索する。
●表示切換●
表示を切り換える。
●スリープ●
スリープタイマーを利用する。
●音量−、音量+●
音量を調節する。
●学習モード/再生モード●
リピーティングを利用する。
シャドーイングを利用する。
再生モードを変更する。
●タイムスキップ −3秒/+10秒●
再生位置を3秒戻す、10秒進める。
●フォルダ/再生スピード−/+●
アルバムやフォルダを選択する。
再生スピードを変更する。
メニュー画面
電源をつなぐ準備をします。
電源コードを本体と家庭用電源コンセントに
しっかりと接続します。
電源コードを接続すると、
スタンバイ状態でも電力を消費しています。
電源コードが接続されている場合のみ、
スタンバイ状態では現在日時が表示されます。
電源コードをコンセントにつなぐと最初に表示されます。
初めて電源を入れるとCDモードで起動します。
次回からは、前回終了時の音源で起動します。
●タイマー設定●
メニュー画面の最初はタイマー設定。
設定した日時になると、
電源が入って指定した音源を再生/録音し、
終了時刻になると自動的に電源が切れます。
録音タイマーは10件まで設定できます。
 
選択できる音源
おめざめタイマー/CD、USB、FM、AM、AUX
 1回/指定した時刻に1回だけ再生します。
 毎日/毎日指定した時刻に再生します。
 曜日指定/指定した曜日の指定した時刻に再生します。
 日付指定/指定した日時に再生します。

録音タイマー/FM、AM、AUX
 1回/指定した時刻に1回だけ録音します。
 毎日/毎日指定した時刻に録音します。
 曜日指定/指定した曜日の指定した時刻に録音します。
 日付指定/指定した日時に録音します。
●音質設定●
お好みの音質を選ぶことができます。
(EQ/イコライザー)
標準以外に設定すると、表示部に「EQ」が表示されます。
「音楽」、「ソフト」、「クリア」、「ニュース」、「標準」の
5種類があります。
快聴音が「ON」のときに音質設定を行うと、
快聴音は「OFF」になります。
●快聴音●
会話やセリフなどの音声を明瞭にします。
「ON」に設定すると、音質設定は「標準」になります。
●低音●
低い周波数の音を大きくします。
「ON」、「OFF」の切り換え。
●時計●
時計を設定します。
24時間表示。
時計の制度には若干の誤差がありますので、
定期的な時刻補正をお勧めします。
●明るさ調整●
表示部の明るさを設定します。
OFF/明るい
 1 /やや暗い
 2 /暗い
●バックライト●
表示部を常時点燈させるか、
操作後10秒間だけ点灯させるかを設定します。
●オートパワーオフ●
無音の状態が20分以上続き、
その間ボタン操作がなかったときに、
自動的に電源が切れます。
音源を「CD」、「USB」、「Bluetooth」、「AUX」に
切り換えて、「メニュー」を押してメニュー画面を表示する。
音源が「FM」「AM」の場合は、
「オートパワーオフ」は表示されません。
マイク端子にマイクを接続している場合は、
オートパワーオフが無効になります。
●音量制限●
音量の上限を30までにします。
「OFF」は、50まで上げられます。
●設定初期化●
動作がおかしいと思われる場合、
一度お買い上げの状態に戻してみると、
症状が改善されることがあります。
時計を合わせる
最初に時計を合わせます。
「メニュー」を押してメニュー画面を表示します。
「時計」を選び時刻の設定をします。
年/月/日/時/分を選び、
数字ボタンを押して入力します。
設定が完了したときの表示。
ラジオを聴く
●地域を選んで放送局を登録●
「FM/AM」を押す。
「メニュー」を押してメニュー画面を表示する。
「地域設定」を選ぶ。
「北海道」、「東北」、「関東」、「甲信越・北陸」、
「東海」、「近畿」、「中国」、「四国」、「九州・沖縄」
からの地域を選ぶ。
東京都なので、「関東」を選択。
関東は「茨城県」、「栃木県」、「群馬県」、「埼玉県」、
「千葉県」、「東京都」、「神奈川県」の中から選びます。
「東京都」を選びます。
お住まいの地域に合わせて自動で放送局
(FMとAM)が登録されます。
FM/AM 各10局までの放送局が登録されます。
ラジオの受信回路
パナソニックのラジオで、DSP方式のデジタル選局ラジオが
発売されたのは2016年からです。
2019年ではデジタル選局のラジオで、
PLLシンセサイザー方式はほとんどなくなりました。
RX-D70BTもカタログを見るとデジタル選局になっています。
デジタル選局でも、ダイヤル指針のアナログ式をDSP化した
「らくらくチューニング」もあります。
DSP方式とは取扱説明書にも書いてありませんので、
簡単なチェック方法で調べてみます。
アナログ式でもよいですが、周波数表示のある
PLLシンセサイザー方式のラジオを用意します。
FMの受信回路は、スーパーヘテロダイン方式です。
スーパーヘテロダイン回路のFM放送の周波数変換回路は、
日本では下側ヘテロダイン方式になります。
受信周波数より10.7MHz低い周波数で局部発信回路の周波数を
発振させます。
左の写真ではFMラジオの受信周波数を87.0MHzに設定ます。
もう一台のFMラジオを76.3MHzに設定します。
計算式は、87.0MHz-10.7MHz=76.3MHzです。
すると、76.3MHzで局部発信回路の周波数が受信できます。
スーパーヘテロダイン方式はこのように調べることができます。
RX-D70BTの受信周波数を87.0Mzに設定します。
もう一台のFMラジオを76.3MHzで受信状態にします。
局部発信回路の周波数が受信できません。
RX-D70BTは、やはりDSP方式の受信回路です。
AMループアンテナの接続
取扱説明書には、
AMラジオをご利用いただくには、
AMループアンテナの接続が必要です。

AMループアンテナを本機と接続してください。
・電源を入れたあとでラジオの周波数を合わせて、
アンテナを雑音の少ない位置や向きに置いてください。
と書かれています。
取扱説明書を読むと
電池駆動できるポータブルなのに、
ループアンテナを接続していないと
AMが受信できないかと思います。

ループアンテナの接続と取り外しは、
電源を切った状態で行います。
電源を入れたままで接続を外すと、
受信感度が落ちるようです。
AMアンテナ端子にループアンテナを接続しないと
どうなるか試してました。
AC電源接続での自宅の室内では、
NHKラジオ第1 594kHz 受信可能
NHKラジオ第2 693kHz 受信可能
AFN-Tokyo   810kHz 受信可能
TBSラジオ   954kHz 受信可能
文化放送   1134kHz 受信可能
ニッポン放送 1242kHz 一応受信可能
ラジオ日本   1422kHz 受信不能


ニッポン放送が少しザ-というノイズが入ります。
ラジオ日本は向きや置き場所を変えても受信できません。
自宅の室内でニッポン放送が受信しにくいのは、
他のラジオでも同じです。
ループアンテナを接続すると受信状態は改善されます。
残念ながらラジオ日本はノイズの中から、
かすかに受信できる程度でした。
ループアンテナを接続していない状態で、
FMアンテナの長さや向きを変えても受信状態が変化します。

電池駆動時は近いうちにテストします。
受信状態をよくするには
取扱説明書によると、下記の説明が載っています。
●FM放送の場合●
FMアンテナを伸ばして、電波が受信できる長さ、
角度、方向を調整します。
●FMステレオ放送受信時に雑音が多い●
・FMステレオ放送で雑音が多いときは、
 「音質・音場効果」を切ることで改善することがあります。
●うまく受信できない、雑音が聞こえる●
・FMアンテナは伸ばしていますか。
 AMループアンテナは接続されていますか。
・FMアンテナやAMループアンテナをパソコン、
 テレビ、その他機器のケーブルやコードから
 離してください。
 電波干渉が原因の場合は、
 携帯電話をアンテナから話してください。
・電池残量が少なくなると、雑音が聞こえることがあります。
 電源コードを接続するか、新しい電池に交換してください。
実際に使用してみて、FM放送はFMアンテナを伸ばして
向きを変えたりしても改善されにくかったです。
FM放送は、ステレオ受信をモノラル受信に
切り替える機能がありません。
ある程度の受信レベルでステレオ受信に切り替わりますが、
切り替わるぎりぎりのレベルではステレオ受信時は、
ザーというノイズが多いです。
ステレオ受信とモノラル受信に交互に切り替わる状態が多く、
この場合はアンテナの長さや向きを変えて、
モノラル受信になるぐらいにした方が聞きやすくなります。
AMはループアンテナを接続して、向きと位置を
ノイズが少なくなるように調整すると聞きやすくなります。
FMは外部アンテナ端子とモノラル受信の設定が欲しいです。
Bluetoothの設定
「Bluetooh」に対応したオーディオ機器とワイヤレスで接続し、
音楽を再生することができます。
「Bluetooh」に切り換える。
「学習モード/再生モード」を押す。
「ペアリング」を選ぶ。
「YES」を押す。
「Bluetooh」対応機器側で
「Bluetooh」の接続画面などを開き、
「RX-D70BT」を選んで接続する。
登録が完了すると、「接続」が表示され、
自動的に接続されます。
「Bluetooh」機器で音楽などを再生します。
接続の解除は、
「学習モード/再生モード」を押す。
「接続解除」を選ぶ。
「YES」を選ぶ。
「接続解除」した後の表示画面は、
「接続待ち」の状態になります。
USBデバイスの設定
すべてのUSB機器との接続は保証されません。
FAT12、FAT16、FAT32形式でフォーマットされた
USB危機に対応しています。
フルスピードUSB(USB2.0準拠)に対応。
32GB以上の容量のUSBデバイスは正常に
働かい場合があります。
拡張子がMP3(.mp3)のファイル形式に対応。
録音可能時間は、32GB/128kbps 約530時間です。
管理可能な最大のフォルダー数は99です。
USB延長ケーブルは使用しないでください。
つけたままでも邪魔にならない
USBメモリー 32GBを使うことにしました。
  USBデバイスを取り外すときは、
音源を「USB」以外に切換えてください。
何も録音されていないときの表示。
録音する
録音する音源を用意します。
録音ボタンを押すと録音開始されます。
CDを1.5倍速で録音できます。
録音ボタンを3秒以上押します。
1.5倍速録音中は、CD音源およびマイクの音声は
出力されません。
日付検索でUSBデバイス内のアルバム(フォルダ)が
確認できます。
同じ音源を同日に録音した場合は、
同じフォルダに格納されます。
外部機器の音楽を聴く
背面のAUX INに、ステレオミニプラグのケーブルを
接続します。
外部機器のラインアウト出力を接続します。
接続機器の音量が大きすぎると
音がひずむことがあります。
メニューの「外部入力レベル設定」で
入力した音がひずまないように設定できます。
  入力した音がひずまないように
「低」か「高」に設定します。 
表示切換スイッチ
押すたびに表示内容が切り換わります。
音源が再生中/一時停止中などの状態によって
表示される内容は変わります。
ラジオのFMを受信。
FMのバンド表示、放送局名、受信周波数、
テンキーのメモリーボタンを表示。
EQは音質設定をしているので表示されています。
表示切換を1度押すと、USBメモリーの
録音できる時間が表示されます。
表示切換をもう一度押すと、
現在時刻が表示されます。 
USBに切り換えた時の表示。
停止中に表示切換を1度押すと、
USBメモリーの録音できる時間が表示されます。
停止中に表示切換をもう一度押すと、
現在時刻が表示されます。 
CDに切り換えた時の表示。
CD停止中に表示切換を1度押すと、USBメモリーの
録音できる時間が表示されます。
CDのトラック1の収録時間も表示されます。 
停止中に表示切換をもう一度押すと、
現在時刻が表示されます。 
タイマー設定
タイマー設定は決定ボタンを押す回数が多く、
最初は何度も間違えて設定ができませんでした。
数字入力はテンキーを使用します。
たまにうまく設定できました。
タイマー録音では、録音中の音声出力の設定ができます。
再生音の比較テスト
RX-D70BTのスピーカーからの再生音を、
リニアPCMレコーダー SONY PCM-D10の内蔵マイクで録音。
マイクの角度はXY、96kHz24bitのPCM。
著作権フリー音源のCDを使用。
下線付きのリンクをクリックすると再生します。

音質設定は「標準」、低音はON。
190423_1520_RX_D70BT_NORMAL.wav へのリンク
音質設定は「快聴音」、低音はON。
190423_1533_RX_D70BT_KAICHOUON.wav へのリンク
音質設定は「音楽」、低音はON。
190423_1544_RX_D70BT_MUSIC.wav へのリンク
音質設定を切り替えるとそれぞれ音量差がありますが、
録音時に同じレベルになるようにスピーカーの再生音量を
調整しています。
快聴音は、「標準」や「音楽」よりも音が大きくなります。
SONY CFD-A100TVのスピーカーからの再生音を、
リニアPCMレコーダー SONY PCM-D10の内蔵マイクで録音。
マイクの角度はXY、96kHz24bitのPCM。
著作権フリー音源のCDを使用。
下線付きのリンクをクリックすると再生します。

音質設定はありません。
190423_1448_SONY_CFD_A100TV.wav へのリンク
録音時に同じレベルになるようにスピーカーの再生音量を
調整しています。
SONY ZS-R110CPのスピーカーからの再生音を、
リニアPCMレコーダー SONY PCM-D10の内蔵マイクで録音。
マイクの角度はXY、96kHz24bitのPCM。
著作権フリー音源のCDを使用。
下線付きのリンクをクリックすると再生します。

音質設定は「MAGABASS」がON。
190423_1455_SONY_ZS_R110CP.wav へのリンク
録音時に同じレベルになるようにスピーカーの再生音量を
調整しています。
SONY CFD-S401のスピーカーからの再生音を、
リニアPCMレコーダー SONY PCM-D10の内蔵マイクで録音。
マイクの角度はXY、96kHz24bitのPCM。
著作権フリー音源のCDを使用。
下線付きのリンクをクリックすると再生します。

音質設定はありません。
191123_2042.wav へのリンク
2019年5月19日から数日、自室で使用してみました。
枕もとに移動して使用してみました。
気になる点がいくつか出てきました。
FMの感度はステレオ受信では少し感度不足でした。
AMはループアンテナを使用すると、
ラジオ日本も一応聴けるレベルで受信できます。
枕もとで使用したときに感じたのは、
音量を絞った時に、アンプのサーというノイズが目立ちます。
寝るときはアンプのノイズのほうが気になりました。
音量調節も回転式のツマミが使いやすいと思いました。
電源を切った状態で、静かな部屋ではブーンというハム音が
小さい音ですが聞こえます。
トランスからのようで、気になりだすと気になってしまいます。

部屋から部屋からの移動時
電池は入れていなくても時計の設定は保持されていました。
保持される時間はわかりませんが、
コンセントを抜いてもリセットはされませんでした。
テンキーと他のスイッチが同じように並んでいます。
やはり手探りでは操作するには区別がつきにくいです。
スリープスイッチも電源が入った状態でないと動作できません。
スリープスイッチだけを押しても電源が入って
スリープ状態にはなりません。
また最初がスリープOFFの設定が出て、
もう一度押すと30分になります。
スリープスイッチを押すとすぐスリープ動作で
電源が入ると便利かと思います。
時計表示は、表示切換で出すことができますが、
次に他の操作すると消えてしまいます。
時計の常時表示が欲しいと思いました。
手探りでも操作しやすいスイッチやツマミの
配置と操作手順であって欲しいと思いました。
タイマー設定は、何度かやりましたが
うまく設定できなかったようで録音失敗しました。
2020年1月5日から消去ボタンが使用できなくなる

USBに録音したファイルの消去が、
「消去ボタン」を押しても消去できなくなりました。

消去ボタン以外は動作できます。
メニューの「設定初期化」の操作をしても直りませんでした。

メニューのUSBメモリーの「全件消去」は使用できます。
USBメモリーは、他機でも特に問題なく使用できます。

メニューのUSBメモリーの「フォーマット」もできます。
USBメモリーの故障ではないようです。 
メーカーへ修理依頼をする
2020年2月
1月末にメーカーへ修理に出しました。
消去ボタンのある基板交換をしてくれました。
戻ってきたので動作確認をすると、
USBメモリーの1ファイル消去はできません。
消去ボタンの故障ではないようです。
メニュー画面からの全ファイル消去と、
USBデバイスの初期化はできます。
メーカーでは基板交換後の動作確認を
していないのかと思いました。
他のスイッチの動作確認をしてみます。
自己録音再生の場合は、日付検索ボタンを押すと
日付での検索ができます。
他機で録音した場合は「アルバム」フォルダが
表示されます。
なぜか、自己録音再生の場合でも、
「アルバム」表示になり日付検索ができません。

USBメモリーが故障かの確認のために、
別のUSBメモリーを購入することにします。
USBメモリーの故障かどうか、
ONKYO NFR-9TXに取り付けて動作確認をしてみます。
パソコンでファイナライズした後、
取り付けて録音してみました。
MP3では問題なく録音できます。
WAVでは、書き込み速度が遅いためか
数分で録音が止まります。
止まった場合は、「NO FILE」になります。
書き込み速度が遅いだけで故障ではないようです。
別メーカーのUSBメモリーを購入
2020年6月12日
別メーカーの16GBのUSBメモリーを購入。
ONKYO NFR-9TXに取り付けて動作確認をしてみます。
MP3の録音では問題ないようです。
新しく購入したUSBメモリーを取り付けて録音してみます。
ラジオを録音すると、15分ぐらいで録音が停止します。
CDを定速で録音すると、15分ぐらいで録音が停止します。
他機で録音したものは15分過ぎても再生はできます。
日付検索も自己録音再生はアルバム表示になります。
どうやら、録音機能の故障のようです。
15分ぐらいで止まった録音は、
止まったところまでは再生できます。
なんと、15分だけの録音機能となりました。
久しぶりに録音テストをすると
2020年8月2日〜8月9日
別の修理機器を販売店に受け取りに行くことになったので、
もう一度修理に出そうとテスト録音を開始しました。
まずはラジオの録音をしてみます。
15分ぐらいで止まるかと思いビデオカメラで
録画をしていますが止まる気配がありません。
これはどういうことか、しばらく様子を見ることになりました。

3日ほど連続録音されました。
全部で4トラックになります。
日付検索は、アルバム表示のままです。
日時は表示されません。

次に送ってもアルバムだけです。

日付ではなく、アルバムでの検索になります。

各トラックの収録時間を表示切換で確認します。

764分です。

764分です。

1分50秒ぐらいです。

1件消去はできませんが、全件消去はできます。

「はい」で消去します。

「すべて消去しました」と表示後読み込み開始。

収去されたので再生できるファイルがありません。

フォーマットもやってみます。

「はい」を選択。

フォーマット中。

フォーマットが完了。

再生するファイルはありません。
次に録音テストをします。

もう一度テスト録音をしてみると、
15分以上録音できます。
長時間録音ができるようになりましたが、
1件消去と日付検索はできません。
やはり、故障していますがしばらくはこのままかもしれません。
様子を見ます。

オーディオ実験研究室のトップページへ  ナマロク・生録のトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ  ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ