SONY MDR-7506 (STEREO HEADPHONES)

2022年8月28日作成開始 2022年8月29日更新

SONY モニター用ヘッドフォン MDR-7506のレビュー。
使用して気になる点なども書き込みたいと思います。
時間があまり取れないので、更新は少しづつになります。

2022年8月28日購入 開封

MDR-V6と同じようなパッケージです。
直輸入品なので日本語表示はありません。

ソフトケースと取扱説明書が付属。
日本語以外の数か国語で書かれてあります。

青帯です。

折りたためます。
主な仕様
型式 :密閉ダイナミック型
ドライバーユニット :口径40mm、ドーム型
感度 :106dB/mW
再生周波数帯域 :10 〜20,000Hz
インピーダンス :63Ω(1kHz )
最大入力 :1,000mW( IEC)
コード :約1.2m(伸長時:約3m)
入力端子 :金メッキステレオ2ウェイプラグ
一般
質量 :約230g(コード含まず)
付属品
キャリングポーチ(1)、保証書(1)、取扱説明書(1)

MADE IN THAILANDです。

いつもの試聴用CDを再生。

MDR-V6と比較試聴中。
購入してすぐ試聴したときの感想。
エージングされたMDR-V6と比べると、少しカサついた感じで低音はほんの少し多いよう。
側圧も少し強い。
MDR-V6を初めて試聴した時より、カサついた音ではないようです。
繊細さはまだ出ていませんがエージングすると変わるかもしれません。
カールコードで、金メッキの標準とミニの2ウェイプラグです。

FM放送とUSBに録音した音源で
一晩エージングしてみます。

1晩のエージングで少しあったカサつきが減り、
繊細さも出てきたようです。

「清瀬カーブ」での、録音テストで使用。
早速、1晩エージングしたヘッドホンを
8月29日に「フィルレコ散歩」で使用してみました。

オーディオ実験研究室のトップページへ  ナマロク・生録・フィールドレコーディングのトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ  ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ