ガンマイクのステレオ収録

2018年5月2日作成 2018年5月3日更新

オーディオテクニカ バックエレクトレット・コンデンサー型ステレオ・マイクロフォン AT822
ワンポイントステレオマイクとガンマイク2本でのステレオ収録の違いを実験してみます。
なかなか良い音源がなく風の影響もあり、比較しにくいですが試しに実験してみました。


清瀬市の中央公園で西武池袋線の線路に向かって収録。
レコーダーはTASCAM DR-100を使用して、48kHz24bitで録音。
ステレオマイクの基準として、オーディオテクニカのAT822を使用。
比較用のガンマイク(超指向性マイク)は同年代のオーディオテクニカのAT815を使用。
サンケンのショットガン・ステレオマイクも、比較用に使用。

三脚にステレオアームを取り付け。

レコーダーのTASCAM DR-100。

ウィンドスクリーンは、AT9943付属のウインドマフを使用。
 

AT822-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。

オーディオテクニカ AT822 (右側のマイク)
清瀬市松山緑地保全地域 2018年5月3日
AT822-003.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。
オーディオテクニカ 超指向性エレクトレット・コンデンサ・マイクロホン AT815 テスト録音@

A-Bステレオでマイク間隔は20cm。

2本のマイクは平衡にしています。
A-Bステレオですが、超指向性のため単一指向性マイクとは
ステレオの広がり感が違います。
ステレオ感より正面の離れた音を狙うのに適しているようです。
AT815-AB-20cm-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。

A-Bステレオでマイク間隔は20cm。
清瀬市松山緑地保全地域 2018年5月3日
AT815-AB-20cm-003.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。
オーディオテクニカ 超指向性エレクトレット・コンデンサ・マイクロホン AT815 テスト録音A
A-Bステレオでマイクの角度を外側に向けてみます。
90度近くに広げてみました。
広がり感は出ましたが、やはり単一指向性とは違います。
近くの音が正面を通過するときは中抜けしてしまいそうです。
AT815-AB90-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。
オーディオテクニカ 超指向性エレクトレット・コンデンサ・マイクロホン AT815 テスト録音B

A-Bステレオでマイク間隔は約7cm。

2本のマイクは平衡にしています。
A-Bステレオですがマイク間隔を狭くすると、
ステレオの広がり感が狭くなるようです。
モノラルに近くなりますが、
正面の離れた音を狙うのには適しているようです。
AT815-AB-7cm-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。
オーディオテクニカ 超指向性エレクトレット・コンデンサ・マイクロホン AT815 テスト録音C

XYステレオでマイクの角度は90度。

ウインドスクリーンがあるため、マイクユニットは少し離れています。
XYテレオにすると左右逆になります。
ステレオ感は、まあまああります。
RODEのステレオアームは簡単にできますが、
通常のステレオアームでは、
クロスさせるセッティングが面倒かと思います。
AT815-XY-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。

オーディオテクニカ 超指向性エレクトレット・コンデンサ・マイクロホン AT815
+
オーディオテクニカ バックエレクトレット・コンデンサー型ステレオ・マイクロフォン AT822

 

ステレオマイクとガンマイク(超指向性マイク)の組み合わせ。

上下セットできないので、できるだけマイク間隔を近づけます。

電池駆動できる、マイクロフォン・ミキサー AT-MX52を使用。

ステレオマイクに、センターマイクの超指向性マイクを追加。
ステレオ・ガンマイクと同じようなステレオ感になるかと思います。
出来ればマルチトラックレコーダーで録音してから、
あとで2チャンネルにバランスを調整して
ミキシングできるとさらに良いです。
2チャンネルのレコーダーでは、
ミキサーかミキシング機構内蔵などが必要です。
AT815-AT822-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。

AT815+AT822 マイク間隔は15cm

AT815+AT822のミキシングレベルを同じに設定
清瀬市松山緑地保全地域 2018年5月3日
AT815-AT822-003.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。

AT815+AT822 マイク間隔は15cm

センターマイクのAT815のミキシングレベルを少し高めに設定
清瀬市松山緑地保全地域 2018年5月3日
AT815-AT822-004.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。
サンケン ショットガン・ステレオマイク CSS-5 テスト録音@

NOMALのステレオ設定。

籠型ウインドスクリーンを使用。
NOMALはステレオ感を損なわずに
中央の音を明瞭に録るという設定。
CSS-5-NORMAL-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。
サンケン ショットガン・ステレオマイク CSS-5 テスト録音A

WIDEのステレオ設定。

NOMALよりWIDEは音量が上がります。
WIDEは中抜けのない
広がり感の大きなステレオの収録という設定。
CSS-5-WIDE-002.wav へのリンク
下線付き文字をクリックすると音声を再生します。

オーディオ実験研究室のトップページへ 生録のトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ  ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ