懐かしいマイクロホンのカタログ
生録用マイクを主に紹介

2018年3月17日作成 2018年3月19日更新

これから「生録・マイクロホン編」 「生録・録音機器編」 「生録・録音作業編」などジャンル別に分けて、
機材や資料のほかに録音作業のあれこれなどを少しづつ追加しています。
本業が発表会などのビデオ撮影ですので、仕事でも生録と同じことをやっています。

生録の難しさや奥の深さは体験してみないとわかりません。
興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

  CDやレコードなどのパッケージメディアとは違う生音の収録は音の強弱が違います。
音楽ソフトから録音より難しい生演奏などの録音をすると加工された音との違いを体験してみてください。
 

PIONEER パイオニア
 
1981年8月 オーディオアクセサリー総合カタログ
   
画像のカタログをクリックすると大きくなります。

Primo プリモ
 
1981年8月 マイク総合カタログ
     
画像のカタログをクリックすると大きくなります。
1996年9月 マイク総合カタログ

画像のカタログをクリックすると大きくなります。

SONY ソニー
 
1976年6月 マイク総合カタログ
 
画像のカタログをクリックすると大きくなります。
 
画像のカタログをクリックすると大きくなります。
1980年11月 マイク総合カタログ
  
画像のカタログをクリックすると大きくなります。
1987年10月 マイク総合カタログ
 
画像のカタログをクリックすると大きくなります。

生録のトップページへ

オーディオミニ博物館のトップページへ  ラジオ・ラジカセミニ博物館のトップページへ