FMとMW(AM)ラジオの調整

2017年8月8日更新


SONY CF-6600のラジオ部の調整です。
シングルスーパーヘテロダインのFM/AMラジオの調整の参考になります。

ダイヤルの指針合わせ

ダイヤルシャフトを反時計方向に回しきります。
指針の緑色の線を、目盛板の下側にあるマークに合わせて取り付けます。
各メーカーのそれぞれの機種の指定位置に合わせます。


指針合わせ後、指針とダイヤル糸をペイントロックします。
AMラジオのIF調整
 
信号発生器とミリパルを使用します。
ミリパルをLINE OUTに接続します。
信号発生器から
AMラジオの中間周波数455kHzを、400Hzで30%AM変調をしてループアンテナから送信します。
AMのIFTを調整ドライバーで、ミリパルの振れが最大になるように調整します。

アナログテスターを使用する場合はヘッドホン出力に接続して、0.5〜5V ACレンジで使用してください。

アナログテスターにAC0.5V〜5Vレンジがない場合のアダプターです。
イヤホンやスピーカー出力端子につなぎます。

T6のコアを最初に赤、次に青をミリパルの振れが最大になるように調整します。

次にT4のコアをミリパルの針が最大になるように調整します。
T4はシールドケースに覆われて、無調整の場合もあります。
AM周波数範囲調整

ダイヤル指針を左側に回しきった位置にします。
SONYのラジオは、AMの下限が520kHzで、上限が1680kHzで調整する機種がいくつかあります。

信号発生器からAMラジオの周波数520kHzを、400Hzで30%AM変調をしてループアンテナから送信します。
T5のAM OSCのコアを520kHzの信号が受信できるように調整します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

530kHzで調整することもできます。(AM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)

ダイヤル指針を右側に回しきった位置にします。

信号発生器からAMラジオの周波数1,680kHzを、400Hzで30%AM変調をしてループアンテナから送信します。
CT4のトリマーを1,680kHzの信号が受信できるように調整します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

1,600kHzで調整することもできます。(AM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)
AMトラッキング調整

ダイヤル指針を左側に回しきった位置にします。
SONYのラジオは、AMの下限が520kHzで、上限が1680kHzで調整する機種がいくつかあります。

信号発生器からAMラジオの周波数520kHzを、400Hzで30%AM変調をしてループアンテナから送信します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるようにバーアンテナのコイルを左右に動かして調整します。

530kHzで調整することもできます。(AM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)

ダイヤル指針を右側に回しきった位置にします。

信号発生器からAMラジオの周波数1,680kHzを、400Hzで30%AM変調をしてループアンテナから送信します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように、
CT3のトリマーを調整します。
1,600kHzで調整することもできます。(AM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)
ラジオの各調整は、ミリパルやテスターの振れが最大となるように2〜3回繰り返して行います。
受信範囲調整とトラッキング調整は、トリマーの調整で終わるようにします。
FMラジオのIF調整@

信号発生器とミリパルを使用します。
ミリパルをLINE OUTに接続します。

信号発生器からFMラジオの中間周波数10.7MHzを、400HzでFM偏移22.5kHzにして、FM外部アンテナ端子に接続します。
外部アンテナ端子入力で信号が弱いときは、ループアンテナを使用する方法もあります。
T3の調整がしにくいときは、Q2の周波数変換のトランジスターの手前に接続します。(R3の100ΩとC5の0.01μFの間、FMラジオのIF調整A参照)
T1、T2、T3の順番で、FMのIFTを調整ドライバーでミリパルの振れが最大になるように調整します。

アナログテスターを使用する場合はヘッドホン出力に接続して、0.5〜5V ACレンジで使用してください。
 FMラジオのIF調整A

テスターを0.5V〜1VのDCレンジにします。
R35の9.1kΩに、テスターのプラス側を接続し、マイナスはアース側に接続します。

信号発生器からFMラジオの中間周波数10.7MHzを無変調でFM外部アンテナ端子に接続します。
外部アンテナ端子入力で信号が弱いときは、ループアンテナを使用する方法もあります。
テスターが0VになるようにT3を調整します。
ミリパルが使用できますが、アナログテスターでも調整できます。
デジタルテスターを接続した場合は、デジタルテスターから発生するノイズで調整できないことがあります。

FM検波部分の回路図です。
10.7MHzの信号を直接接続時の参考用です。

FMフロントエンドの回路図です。

ラジオ基板図です。

T3の調整がしにくいときは、Q2の周波数変換のトランジスターの手前に信号発生器を接続します。(R3の100ΩとC5の0.01μFの間)

C13 1pとC14 5pの間に接続する場合は、バリコンの端子に接続します。
ここは信号発生器からの入力レベルが下がりますので、少し出力を上げる必要があります。


C14 5pとQ2 トランジスターのペースの間に接続する場合。
FM周波数範囲調整

ダイヤル指針を左側に回しきった位置にします。
SONYのラジオは、FMが76MHzから90MHzの機種は、下限が75MHzで、上限が91.5MHzで調整する機種がいくつかあります。

信号発生器から
FMラジオの周波数75MHzを、400HzでFM偏移22.5kHzにしてFM外部アンテナ端子に接続します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるようにL3 FM OSCのコアを動かして調整します。

76MHzで調整することもできます。(FM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)

ダイヤル指針を右側に回しきった位置にします。

信号発生器からFMラジオの周波数91.5MHzを、400HzでFM偏移22.5kHにしてFM外部アンテナ端子に接続します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように
CT2のトリマーを動かして調整します。
90MHzで調整することもできます。(FM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)
FMトラッキング調整

ダイヤル指針を左側に回しきった位置にします。

信号発生器から
FMラジオの周波数75MHzを、400HzでFM偏移22.5kHzにしてFM外部アンテナ端子に接続します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるようにL2 FM RFのコアを動かして調整します。

76MHzで調整することもできます。(FM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)

ダイヤル指針を右側に回しきった位置にします。

信号発生器からFMラジオの周波数91.5MHzを、400HzでFM偏移22.5kHzにしてFM外部アンテナ端子に接続します。
ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように
CT1のトリマーを動かして調整します。
90MHzで調整することもできます。(FM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正するを参照)
IF調整Aでは、無変調です。
ラジオの各調整は、ミリパルやテスターの振れが最大となるように2〜3回繰り返して行います。
受信範囲調整とトラッキング調整は、トリマーの調整で終わるようにします。
MPXの19kHz調整

MPXの回路図

別機種のマニュアルなのでVR2になっていますが、CF-6600ではVR1 10kΩです。

19kHzの調整用の半固定抵抗 RV1 10kΩです。

正規調整法で、IC1 HA11227の12番ピンに、100kΩを周波数カウンターの間に入れて測定しました。
周波数カウンターは、19kHzを表示しています。
周波数カウンターのケタが少ないので、あまり微調整はできません。


12番ピンからの信号を、抵抗を入れないで直接測ってみました。
FMステレオセパレーション調整

別機種のマニュアルですが、調整方法はほとんど同じです。

信号発生器とミリパルを使用します。
ミリパルをLINE OUTに接続します。

搬送周波数83MHzが放送局と混信するときは、放送局のない周波数にします。
 
左チャンネルと右チャンネルを切り替えて、セパーレーションのレベルを測定します。

ラジオ基板の裏側にある、FMステレオセパレーション調整箇所です。
 
R57 110Ω、R58 510Ω、R59 200Ω。
十分なセパレーションでしたのでこのままにします。
固定抵抗ではなく、半固定抵抗を使用している機種のほうが調整が楽です。

半固定抵抗を使用する場合は、300Ω位の半固定抵抗を使用してください。
AM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正する

信号発生器のAMの530kHzの信号を受信してみます。
微妙に低い周波数へ、少しずれています。

600kHzも少しずれています。
 

700kHzも少しずれています。

800kHzも少しずれています。

1000kHzも少しずれています。

1200kHzも少しずれています。

1400kHzも少しずれています。  

1600kHzは、ほぼ合っています。。 
AM周波数範囲とAMトラッキングの再調整

信号発生器をAMの530kHzに設定します。

ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

信号発生器をAMの1600kHzに設定します。

ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

1400kHzも少しずれていますが、再調整前より良いです。

1200kHzも少しずれていますが、再調整前より良いです。

1000kHzも少しずれていますが、再調整前より良いです。

800kHzも少しずれていますが、再調整前より良いです。

700kHzは、ほぼ合ってきました。

600kHzも、ほぼ合っています。

530kHzも、ほぼ合っています。
ダイヤル指針と目盛板が、
なるべく合うように再調整しました。
途中の周波数が合わない場合は、
一番必要な周波数が合うように、
周波数の上限と下限を調整します。
その場合は必要な周波数以外は、
多少表示とはずれてしまいます。
FM受信時のダイヤル指針と目盛板のずれを補正する

信号発生器のFMの76MHzの信号を受信してみます。
高い周波数へ、少しずれています。

78MHzも、高い周波数へ少しずれています。
 

80MHzも、高い周波数へ少しずれています。

82MHzも、高い周波数へ少しずれています。

84MHzも、高い周波数へ少しずれています。

86MHzは、低い周波数へ少しずれています。

88MHzも、低い周波数へ少しずれています。

90MHzは、ほぼ合っています。
FM周波数範囲とFMトラッキングの再調整

信号発生器をFMの76MHzに設定します。

ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

信号発生器をFMの90MHzに設定します。

ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

信号発生器のFMの76MHzの信号を受信してみます。
高い周波数へ、少しずれています。
トリマー調整後は、低い周波数がずれるようです。

76MHzにダイヤル指針を合わせて、
信号発生器の信号を少しずつ移動して受信してみます。
75.884MHzになりました。

トリマー調整後のずれを補正した周波数に設定します。

ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

信号発生器をFMの90MHzに設定します。

ミリパルとシグナルメーターが最大に振れるように調整します。

信号発生器をFMの76MHzに設定します。

ダイヤル指針が76MHzで受信しています。

78MHzも合いました。

80MHzも合いました。

82MHzも合いました。

84MHzは、高いほうへ少しずれています。

86MHzは、低い周波数へ少しずれています。

88MHzも、低い周波数へ少しずれています。

90MHzは合います。
84MHz、86MHz、88MHzは少しずれましたが、
主要放送局の周波数帯は合っています。
途中の周波数が合わない場合は、
一番必要な周波数が合うように、
周波数の上限と下限を調整します。
その場合は必要な周波数以外は、
多少表示とはずれてしまいます
  
 FM/AMラジオの調整依頼の受け付け
 


FMが90MHzまでのアナログ選局方式のラジオを、
ワイドFMが受信できるように再調整出来る機種もあります。
調整の可能範囲は、お問い合わせください。

アナログ選局方式のFM/AMラジオの調整のみで、故障の修理はお受け出来ません。
FM/MW/SWの3バンドまでは、資料が無くても調整箇所がわかりやすいので可能かと思います。
シンセサイザー方式(ボタン選局)は、バンド幅の調整はできません。
劣化した部品の交換や接点を分解してのクリーニングなどはしません。
シングルスーパーヘテロダインは可能ですが、
一部のBCLラジオなどのダブルスーパーヘテロダインの機種などは出来ません。

1バンドあたり 約1,000円での予定です。

お問い合わせ方法

メールにて、住所と氏名など連絡先を記入してください。
折り返しこちらから、受付け確認のご連絡をいたします。
受付け確認のメールが届きましたら、メールの確認したことの返信をお願いいたします。

本業の忙しい時は、すぐに作業に取り掛かれないことがあります。
直接お持ちいただく場合は、出来るだけその場で調整できる時間で受け付けます。
配送などで送られた場合は、調整が完了しましたら振込先と一緒にご連絡いたします。

調整料のほかに、送料は別途かかります。
口座に代金を振り込んでいただければ確認後発送いたします。
振込みできましたら、ご連絡をお願いいたします。
御注文のキャンセルの場合もご連絡をよろしくお願いいたします。

★メールでのお問い合わせは、ここをクリックしてください★


★修理専門業者ではないので、故障の修理依頼はお受けしていません★


角の建物です
清瀬駅南口徒歩5分、
〒204-0022 東京都清瀬市松山1-13-26
TEL・FAX 042-491-0122

★修理専門業者ではないので、故障の修理依頼はお受けしていません★
問い合わせは電話やメールで、不在の場合は留守番電話に入れてください。

駐車場に関して、有料駐車場が近くにありますのでご利用ください。

撮影などで外出している時がありますので、電話で事前連絡をいただけると確実です。
 

ラジオ・ラジカセ・オーディオの修理へ