オリジナル商品とオリジナルサービス


オリジナル商品

現在販売されていなくて欲しいものや、あったらいいなと思うものなど、実験研究して自作出来たものを販売します。
  


カセットデッキ・ラジカセ・カセットテープレコーダーの調整とメンテナンス
 
●ミラーカセット●
カセットメカのテープパス調整に使用し、テープ走行を確認するための鏡が付いています。
テストテープを使用する前に使用します。
メーカー製のミラーカセットは大変貴重で手に入れにくいため、
手軽に使用できるように市販のカセットテープを加工して製作します。
参考ページへのリンク
ミラーカセットの自作


マクセルUL 10分のカセットテープを加工して製作します。
使用している機材では、工業用の工作機械のような加工精度ではできませんが、
出来る限り同じ精度で加工できるように、治具と工作機械を使用して製作しています。
使用しているミラーは2種類で製作できます。
国産の1ミリ厚ガラス製とPVC(ポリ塩化ビニル)樹脂製です。
 
 

製作依頼をお受けしてから加工致します。
国産1mm厚ガラスミラー使用/販売価格 1本3,000円 送料は別になります。
PVC(塩化ビニル)樹脂製ミラー使用/販売価格 1本2,500円 送料は別になります。
自作ミラーカセットのお問い合わせ方法

メールにて、住所と氏名など連絡先を記入してください。

折り返しこちらから、製作依頼の受付け確認のご連絡をいたします。
本業のビデオ製作が忙しい時や、製作時間と体調によりすぐに製作取り掛かれないことがあります。
ミラーカセットの製作が完了しましたら、振込先と一緒にご連絡いたします。
口座に代金を振り込んでいただければ確認後発送いたします。
振込みできましたら、ご連絡をお願いいたします。
御注文のキャンセルの場合もご連絡をよろしくお願いいたします。

★メールでのお問い合わせは、ここをクリックしてください★


デッキ調整に必要なテストテープの種類や、調整方法などのご質問にはお答えできません。
ミラーカセットやテストテープの使用法をご存知の方が、出来るだけ使用してください。

 
●カセットテープ用テストテープ●
カセットデッキやラジカセなど、再生レベル・アジマス・テープスピード調整などに使用します。
整備されたA&D GX-Z9100のカセットデッキを基準にして製作したテストテープです。

参考ページへのリンク
 カセット用テストテープを作るPart4



製作するテストテープの精度について
整備されたA&D GX-Z9100のカセットデッキを基準にして製作したテストテープです。
業務用のテストテープではありませんので、多少の誤差はあります。
「カセット用テストテープを作るPart3」の、「テストテープの自作の難しさについて」もお読みください。

業務用途で使用する場合、市販のステレオカセットデッキで製作したテストテープは、
業務用テストテープと比較して精度が落ちることを理解した上で使用してください。

  
 

A&D GX-Z9100を専門業者にカセットメカと電気回路を整備してもらいました。
3ヘッドのSUPER GXフェライトヘッドとクオーツロックデュアルキャプスタンのカセットデッキです。
VUメーターのデッキを、テープのレベル変動監視用に使用します。

整備内容 キャプスタンベルト交換、カムベルト交換、リール駆動用プーリゴム交換、
カムポジションプリセット電圧調整、巻き取りトルク確認、バックテンショントルク確認、テープパス調整、
録再ヘッドあおり調整、録再ヘッド高さ調整、録再ヘッドアジマス調整、プリアンプDCバランス調整、
メーター感度調整、-40dBメーター感度調整、MPXフィルタ調整、再生レベル調整、再生EQ調整、
バイアスOSC調整、バイアスディップ調整、f特調整、録音レベル調整、CALメーター調整、ヘッド消磁、
ドリフト(スピード偏差)±0%、ワウ&フラッタ0.025%


@315Hz/0dB基準レベル
A315Hz/-4dB/0VU基準レベル
B333Hz/0dB基準レベル
C333Hz/-4dB/0VU基準レベル
D400Hz/ドルビー基準レベル
E440Hz/テープスピード調整用
F3kHz/-10dB/テープスピード調整用
G6.3kHz/-10dB/アジマス調整用


8種類のテープは、単品で購入可能。
マクセルUL 10分テープを使用。
各テープ1本 1200円。
送料別。


ご注文を受けてからの受注生産となります。

 両面に信号が記録されていますが、
 安定した信号面にラベルが貼ってあります


微調整をしてのテストテープ製作は、大変根気と時間のかかる作業のため、
1日に1本から2本の製作が限界になります。
連日作業すると体調が悪くなるため、製作時間と体調を見ての作業になります。
本業のビデオ編集などが忙しいときには、テストテープ製作作業はお休み致します。
製作には時間がかかります事をご了承ください。

 
テストテープのお問い合わせ方法

メールにて、住所と氏名など連絡先を記入してください。

折り返しこちらから、製作依頼の受付け確認のご連絡をいたします。
本業のビデオ製作が忙しい時や、製作時間と体調によりすぐに製作取り掛かれないことがあります。
製作が完了しましたら、振込先と一緒にご連絡いたします。
口座に代金を振り込んでいただければ確認後発送いたします。
振込みできましたら、ご連絡をお願いいたします。
御注文のキャンセルの場合もご連絡をよろしくお願いいたします。

★メールでのお問い合わせは、ここをクリックしてください★


各デッキ調整に必要なテストテープの種類や、調整方法などのご質問にはお答えできません。
テストテープの使用法をご存知の方が、出来るだけ使用してください。

  
 
●テスト信号CD
各種調整用のテスト信号が入っています。
参考ページへのリンク
 カセット用テストテープを作るPart4


 1. 315Hz/0dB/10秒
 2. 315Hz/-1dB/10秒
 3. 315Hz/-2dB/10秒
 4. 315Hz/-3dB/10秒
 5. 315Hz/-4dB/10秒
 6. 315Hz/-5dB/10秒
 7. 315Hz/-6dB/10秒
 8. 315Hz/-7dB/10秒
 9. 315Hz/-8dB/10秒
10. 315Hz/-9dB/10秒
11. 315Hz/-10dB/10秒
12. 315Hz/-11dB/10秒
13. 315Hz/-12dB/10秒
14. 315Hz/-13dB/10秒
15. 315Hz/-14dB/10秒
16. 315Hz/-15dB/10秒
17. 315Hz/-16dB/10秒
18. 315Hz/-17dB/10秒
19. 315Hz/-18dB/10秒
20. 315Hz/-19dB/10秒
21. 315Hz/-20dB/10秒
22. 315Hz/-21dB/10秒
23. 315Hz/-22dB/10秒
24. 315Hz/-23dB/10秒
25. 315Hz/-24dB/10秒
26. 315Hz/-25dB/10秒
27. 315Hz/-26dB/10秒
28. 315Hz/-27dB/10秒
29. 315Hz/-28dB/10秒
30. 315Hz/-29dB/10秒
31. 315Hz/-30dB/10秒
32. 315Hz/-31dB/10秒
33. 315Hz/-32dB/10秒
34. 315Hz/-33dB/10秒
35. 315Hz/-34dB/10秒
36. 315Hz/-35dB/10秒
37. 315Hz/-36dB/10秒
38. 315Hz/-37dB/10秒
39. 315Hz/-38dB/10秒
40. 315Hz/-39dB/10秒
41. 315Hz/-40dB/10秒
42. 315Hz/0dB/6分 0dB基準レベル用
43. 315Hz/-4dB/6分 0VU(-4dB)基準レベル用
44. 333Hz/0dB/6分 0dB基準レベル用

45. 333Hz/-4dB/6分 0VU(-4dB)基準レベル用
46. 400Hz/-2dB/6分 ドルビー基準レベル用
47. 440Hz/0dB/6分 テープスピード調整用
48. 1kHz/0dB/6分 各種調整用
49. 3kHz/-10dB/6分 テープスピード調整用
50. 6.3kHz/-10dB/6分 アジマス調整用
51. 8kHz/-10dB/6分 アジマス調整用
52. 10kHz/-10dB/6分 アジマス調整用
53. 315Hz/0dB/30秒 周波数特性測定用
54. 6.3kHz/-20dB/30秒 周波数特性測定用
55. 10kHz/-20dB/30秒 周波数特性測定用
56. 315Hz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
57. 31.5Hz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
58. 40Hz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
59. 63Hz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
60. 125Hz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
61. 250Hz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
62. 500Hz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
63. 1kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
64. 2kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
65. 4kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
66. 6.3kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
67. 8kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
68. 9kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
69. 10kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
70. 11kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
71. 12kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
72. 13kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
73. 14kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用

74. 15kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
75. 16kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
76. 17kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
77. 18kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
78. 19kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
79. 20kHz/-20dB/10秒 周波数特性測定用
CDとテストテープを使用して、テープスピード調整も可能です。
テストテープを使用してのテープスピード調整動画をご覧ください。
このCDは1枚1000円(送料別)で製作出来ます。


テストCDのお問い合わせ方法

メールにて、住所と氏名など連絡先を記入してください。

折り返しこちらから、製作依頼の受付け確認のご連絡をいたします。
本業のビデオ製作が忙しい時や、製作時間と体調によりすぐに製作取り掛かれないことがあります。
製作が完了しましたら、振込先と一緒にご連絡いたします。
口座に代金を振り込んでいただければ確認後発送いたします。
振込みできましたら、ご連絡をお願いいたします。
御注文のキャンセルの場合もご連絡をよろしくお願いいたします。

★メールでのお問い合わせは、ここをクリックしてください★


各デッキ調整に必要なテストテープの種類や、調整方法などのご質問にはお答えできません。
テストCDの使用法をご存知の方が、出来るだけ使用してください。

  
 
ビデオカメラ・PCMレコーダーなどのマイク・アクセサリー
●マイクのウインドスクリーン・ウインドジャマーの製作●
PCMレコーダー用・屋外収録用マイク・カメラマイクなどのウインドスクリーンを
自作実験をしてから製品化の予定。
現在準備中。
参考ページへのリンク
 
ウインドスクリーン・ウインドジャマーの自作

VUメーターユニット・簡易バイノーラルマイク・ゴム部品やゴム部品加工道具・スピーカースタンドなど
他にも実験製作したいものがいろいろあります。
まずは出来るものから取りかかります。

 

★オリジナルサービス★
 
●カセットテープ機器の調整依頼の受け付け●
カセットデッキ・ラジカセ・カセットテープレコーダー・ヘッドホンステレオカセットプレーヤーなどの、
テープスピード調整とヘッドのアジマス調整、
ヘッドやテープ走行系のクリーニング・ヘッドなどのクリーニング・接点の簡易洗浄。
調整とクリーニング費用 2,000円
 
 
劣化した電子部品の交換と接点の分解洗浄などの修理作業はしません。
ベルト交換や再生レベル調整などが必要な場合、一部の機種で出来るものもあります。
別途費用がかかります。

 

メールにて、機種名と住所と氏名など連絡先を記入してください。
折り返しこちらから、受付け確認のご連絡をいたします。
本業の忙しい時は、すぐに作業に取り掛かれないことがあります。
直接お持ちいただく場合は、
出来るだけその場で調整できる時間で受け付けます。
配送などで送られた場合は、
調整が完了しましたら振込先と一緒にご連絡いたします。
調整料のほかに、送料は別途かかります。
口座に代金を振り込んでいただければ確認後発送いたします。
振込みできましたら、ご連絡をお願いいたします。
御注文のキャンセルの場合もご連絡をよろしくお願いいたします。


★修理専門業者ではないので、
故障の修理依頼はお受けしていません★
 
 
●FM/AMラジオの調整依頼の受け付け●
FMが90MHzまでのアナログ選局方式のラジオを、
ワイドFMが受信できるように再調整も出来る機種もあります。
調整の可能範囲は、お問い合わせください。



普段使用しているアナログ指針選局のラジカセです。
経年劣化で調整がずれているため、周波数表示と受信周波数が違います。
ワイドFMのTBS90.6MHzが右側いっぱいまで回すと受信できます。
周波数表示と受信周波数のずれを直すと、文化放送91.5MHzまで受信できそうです。
文化放送が受信できるところまで調整してみると、周波数表示の目盛りとダイヤル指針が合うようになりました。
ニッポン放送の93.0MHzまで受信できるようにすると受信時に、周波数表示よりダイヤル指針が下の方へずれてしまいます。


ニッポン放送 93.0MHzは、周波数表示全体が大幅にずれてしまうため
TBS 90.6MHzまで受信できた物を、文化放送 91.6MHzまでの調整が実用範囲です。
周波数表示板の上をダイヤル指針が動くタイプは、
93.0MHzまで拡大した時には周波数表示を印刷したシールを張ると使いやすくなります。

1バンド 1,000円 (蓋をあけてすぐに調整できる構造の場合)

アナログ選局ラジオのFM/AMラジオの調整のみで、故障の修理はお受け出来ません。
FM/MW/SWの3バンドまでは、資料が無くても調整箇所が分かる機種は可能かと思います。
シンセサイザー方式(ボタン選局)はバンド幅の調整はできません。

フィルムダイヤル式やBCLラジオは、調整に向かないものや出来ないものがあります。

経年劣化で調整がずれたラジオは、、バンド幅とトラッキング調整と中間周波数の調整などで感度が上がります。

FM検波回路のずれも調整すると良くなります。
 
90MHzまでの受信機で、
FM補完放送受信実験

調整方法と93MHzまで拡大する実験と、
周波数表示とのずれが確認出来ます。
FMとMW(AM)ラジオの調整
シングルスーパーヘテロダインの
FMとAMラジオの調整方法です。
ステレオMPXの調整もあります。
調整のお問い合わせについて

メールにて、機種名と住所と氏名など連絡先を記入してください。
折り返しこちらから、受付け確認のご連絡をいたします。
本業の忙しい時は、すぐに作業に取り掛かれないことがあります。
直接お持ちいただく場合は、
出来るだけその場で調整できる時間で受け付けます。
配送などで送られた場合は、
調整が完了しましたら振込先と一緒にご連絡いたします。
調整料のほかに、送料は別途かかります。
口座に代金を振り込んでいただければ確認後発送いたします。
振込みできましたら、ご連絡をお願いいたします。
御注文のキャンセルの場合もご連絡をよろしくお願いいたします。


★修理専門業者ではないので、
故障の修理依頼はお受けしていません★
 

ビデオ工房トパーズ


角の建物です
清瀬駅南口徒歩5分、
〒204-0022 東京都清瀬市松山1-13-26
TEL・FAX 042-491-0122


 ★修理専門業者ではないので、修理依頼はお受けしていません★ 
 

問い合わせは電話やメールで、不在の場合は留守番電話に入れてください。

駐車場に関して、有料駐車場が近くにありますのでご利用ください。

撮影などで外出している時がありますので、電話で事前連絡をいただけると確実です。