SONY AVCHDカムコーダー
HXR-MC50Jの内蔵充電池の交換


2019年4月23日作成開始  2019年5月17日更新


分解と内蔵充電池の交換

内蔵充電池電池が劣化したためバッテリーを外していると、
時計などの各種設定が1週間しないうちに消えてしまいます。

5か所のネジを外して、
底のカバーのネジを外します。  

取り外したネジはメモ書きと一緒に、
ビニール袋に入れます。

5か所のネジを外して、
底のカバーのネジを外しました。 

矢印の先のネジを外します。

矢印の先のネジを外します。

矢印の先のネジを外します。

矢印の先のネジを外します。

矢印の先のネジを外します。

矢印の先のネジを外します。

矢印の先のネジを外します。

液晶画面を閉じます。

ヒンジ部のカバーを取れ外します。

矢印の先のネジを外します。

液晶画面を少し持ち上げて右側にスライドさせます。

MANUALダイヤル部分が引っ掛かっるので慎重に外します。

フラットケーブルがあるので慎重に取り扱います。

そっと置きます。

矢印の先に内蔵充電池があります。

ソケットに取り付けてあります。

落下防止用にセロテープで補助します。
 

ショートしないように、
セラミックドライバーで取り外し作業をします。

うまく取り外せました。
 

プラス側に、FDK ML621 JAPANと文字があります。
コイン型マンガンリチウム二次電池 ML621

MS(マンガンシリコン)リチウム二次電池
MS621FE FL11Eを購入。

標準端子付きなので取り外します。
 

精密ドライバーとラジオペンチで取り外せました。

落とさないように、セロテープに貼って運びます。

ソケットに取り付けます。

セロテープを外します。

液晶画面を戻します。

ネジを取り付けて組み立てます。

ヒンジをネジで固定。

カバーを取り付けます。

カバーを2か所のネジで固定します。

固定しました。

側面のパネルをネジで固定ます。

固定しました。

ネジで固定。

固定しました。

ネジで固定。

固定しました。

ネジで固定。

固定しました。

液晶画面と側面のパネルが固定できました。

底のパネルを取り付けます。

ネジで固定しました。
 

バッテリーを取り付けて液晶画面のチェックと動作テスト。
内蔵充電池を取り外したのでのでリセットされています。

再設定してから、液晶画面を閉じて電源を切った状態にします。
一晩バッテリーを取り付けたままにして、
内蔵充電池に充電します。
 
 

翌日バッテリーを外して数時間おいてから、
再度バッテリーを取り付け充電されているか確認をします。
充電されて設定も保持されていることを確認したので、
あとは数か月設定を維持できるか様子を見ます。
18日間保持されているのが確認できました。

テレビ・ビデオミニ博物館のトップページへ